2012年5月16日(水)に、
東京都千代田区にて開催した講座のレポートを。


これは、今年の初めの新春スペシャル講座、


◆お守り〜悪運から身を守る自衛手段〜レポート


のリバイバルです。


そのため、レジュメも、前回同様にこちらを利用します。

01.お守りレジュメ



お手本になるような書籍やウェブサイトが見つからなかったので、
テーマごとに、レジュメに従って進行。

02.レジュメに従って進行



・自然環境が少ない場所で生活している
・ラッシュアワーの中、外出する機会が多い
・仕事で不特定多数の人と接する機会が多い
・大切な決断をする責任者や経営者である
・“ここぞ”という勝負所を控えている

上記に当てはまる人は、無防備のままに過ごしていると、
それはあんまり良くないと思います。

勢いある調子の良い時は問題なく見えても、
何かにぶつかったり、体調を崩したりした時に、
いわゆる『運』を心配することになりやすいです。

心当たりがある方は、この際、理屈は問わないから、
何かしらのお守りを手に入れ、仕事や生活と向き合って吉。

03.悪運と向き合っていくための防災知識



個人的に、お守りと宗教、お守りとスピリチュアル、
お守りと運、というのは、別物として分けて考えることが多いです。


工事現場に入る時には、ヘルメットが『お守り』です。
それを『神のご加護』とか、『不思議な儀式』と思う人はいないはず。


お料理をする時はエプロンを身に着けるし、
船に乗る時は救命胴衣を着るでしょう。


油はねがあろうがなかろうが、船が転覆しようがしまいが、
それは、自分で自分の身を守るための『お守り』です。


程度の差こそあれ、目的は同じ。
誰かに言われて仕方なくやる決まりではなく、
何らかのリスクから身を守るための自衛手段。


僕が凶方位にお守りを身に着けて行くのも、
都会に出る時にアクセサリーや帽子で要所を守るのも、
オシャレというより自衛のためです。

(それをより、ファッショナブルにできたらな、という意識はあります)

04.自衛手段を持つべき



例えば、講座の中でもご紹介したお守りのツールとして。


『まっさらの白い肌着』


は、ここぞという勝負所で身に着けたい、最強のお守り。


僕はいつかくるその勝負所のために、
開封していない2組の白い肌着をクローゼットに準備してあります。

05.白い肌着



その根拠は、ここでは割愛しますが、
つまり、お守りとは、そういう部分が重要だと思います。


神社や仏閣で購入することができるお守り・お札と併用して、
上記のようなお守りを生活の舞台で、
もしくは職場で、さらには交際の中で活かすことができたら、


悪運を恐れず、安心して戦えるかな、と思います。


それでは☆