2012年5月は、停滞期であり、休息期。


その流れに合わせるようにして、僕自身、現在、絶不調です。


連休に入ってから、それまでの疲れが噴き出たのか、
体調を崩したというのもあると思うのですが、
何しろ、原稿が進まず、締め切りの期日に怯えながら過しています。


筆が進まぬ中、遠回りな道のりを這うように進んでいるような歯痒さ。
(原稿以外のことは、比較的穏やかに進んでいるのですが)


周囲に迷惑をかけてしまうことになるので、
締め切りの期日を大きく変えることはできません。


だから、すごくイライラして、暴飲暴食に走ったり、
生活のリズムが乱れて、深夜までパソコンに向かうことになったりします。


典型的な、休息期における悪循環みたいなものです。
休息って、仕事が順調で充実した忙しさを日々送っている時の方が、
実は気持ち良く切り替えをして、しっかり休めるような気がします。


停滞期に、安心して、自分に停滞を許すのは、
案外、根性というか、図太さみたいな大きな器が必要。


で。


ブログやツイッター、講座などのあちこちで、
今の休息の必要性をみんなに対しては説きながら、
自分自身はあんまり上手に過せていない現状に、


『さーて、どうしたもんかなあ』


と、困っていた所、何気ない出来事をきっかけに、
サクッとスランプから脱出することができました。


本当に何気ない個人的なことなので、
他の誰かの参考になるかどうかは分かりませんが、
5月の運勢にも絡むことなので、以下に。


昨日、道を挟んで向かいの畑を見ていたら、
同じ組合のおじいちゃんが、そこにビニールハウスを作っていて。

01.会社前



1人で。

02.作業中



ビニールハウスって、作るのかなり大変なんですよ。


『キャンプ用のテントを組み立てるのより100倍大変』


って言ったら、イメージして頂けますか?
それを1人でモクモクとやっていて。


作業は、すごくゆっくりなんです。
そんなスピードで、完成するのはいつになるん?
ってくらいゆっくり。


でも、ゆっくりでも、確かにそれは完成に近づいていて。
一週間前まで何も無かったその場所に、
今ではもう、立派な骨組みが仕上がっていて。

03.完成間近



僕が『書けない書けない』とその場でイライラしながら、
特に何も出来ず、先を急ごうとジタバタしている間に、
1つの大きなビニールハウスが、1人の手で作られようとしていて。


モクモクと、着実に進めているその作業を見ていたら、


『あ、なんだ、自分もそういう風に、1文字ずつ積み重ねるように書けばいいや』


と開き直ることができました。


あえてスピードを落とすように。
その分、時間をかけて丁寧に。


ちなみにこのおじいちゃんは、2011年3月11日の大地震の日、
あまりの大きく長い揺れに、スタッフ一同が会社から外へ飛び出した時も、
何食わぬ顔をして黙々と農作業をしていて、
それを観た僕達は、すごく落ち着くことができました。


田舎のスピード感って、そういうものなのかもしれません。


そして、5月の運勢とは。


休息の月の過ごし方における3つのポイントとして。


1.止まってみる
2.時間をかける
3.安全な道を選ぶ


というのがあります。


急いでいるから、止まれないし、時間をかけられないし、
だから危険な道も進むのだろうけれど、それが悪循環を生む。


急いでいるからこそ、無難な回り道が吉。
ゆっくりやることで、むしろ早く終わること、今月は多い運勢。


もしも僕と同じような焦り・停滞・不調を感じ、
悪循環にハマリそうになっている人がいるなら、
意識的に、少しだけ今の過ごし方のスピードを落としてみて下さい。


そのことで、行動は遅くなりながらも、
進行はそこまで遅れないで済むことに、
気付けるはずです。


それでは☆



▼こよみよみ@東京

 5月26日(土)の回のご予約受付スタート!(4/26)
 おかげさまで満席となりました!(4/29)
 椅子席も満席となりました。感謝。(5/1)
 以降はキャンセル待ちの受付となります。

 7月を中心に動く夏の運の流れ。
 その乗りこなし方のヒントをご紹介する予定です。
 
▼楽気ゼミナール東京校“家相編”2012

 住環境を整える具体策として、5月も家相学をテーマに。
 
 今、住んでいる家にはどんな運が宿っていて、
 そこに住んでいると、どんな人生になるのか、
 その鑑定ロジックをご紹介します。

▼お守り〜悪運から身を守る自衛手段〜ふたたび

 2012年5月16日(水)に開催する講座です。
 世に飛び出した際に降りかかる災厄から、
 自分の運を守るための具体策をご紹介します。
 
 新春スペシャル講座のリバイバルです。

▼運を学ぶための超基礎知識講座

 運の知識や鑑定の技術を学ぶ前に、興味を持って触れるさらにその前に
 知っておいた方が良いこと、誤解を解いておいた方が良いこと、
 『運』という不確かな世界だからこそ、いっぱいあると思います。

 それを、《1》《2》と2回に分けてご紹介します。

【質問専用エントリー3】

 使用上の注意をご一読の上、気楽にご質問を。
 
 過去の記事にヒントがないか探す際は、
 本文の右側、contents☆の下にある、
 『keyword検索☆』もご利用ください。