2012年4月14日(土)に、
東京都千代田区にて開催した講座のレポートを。

01.楽気ゼミ4月前半



この日のテーマは、『間取りの吉凶鑑定』に関して。

02.間取りの吉凶鑑定



『北のトイレは大凶』
『鬼門のキッチンは最悪』
『だからこの家は運が悪い』

みたいな、間取りの吉凶鑑定、聞いたことありますか?

若い方は、あんまり馴染みがないかもしれないけれど、
1970年前後、大流行したらしいんですよね。
家相学ってやつが。

僕が物心ついた頃は、家相ってより『風水』が流行っていて、
テレビには色々な『風水師』の方が、
あの間取りは吉だの、この水周りは金運失くすだのやってました。

それらの吉凶判断は、通常、
鑑定する人の主観や直感でなされるのではなく、
自然環境とそこに根ざして営まれる生活をベースに、
すごく昔からあるロジックで振り分けられています。

今回の講座では、そのロジックの中でも最も代表的な、

『五行思想』

を軸に、具体的な手順と方法をご紹介しました。
こちらが、テキストとレジュメ。

03.テキストとレジュメのセット



五行思想とは…

木・火・土・金・水の5つのエネルギーを、
いかに組み合わせ上手に回していくか、
って考え方なのですが、なかなか理にかなっていて、
単なる迷信では片付けられない合理性があります。

04.五行思想



細かな吉凶鑑定ということになると、
人によって、流派や伝統によって、
様々な枝分かれをしていくことになります。

あの先生が吉と言っても、この専門家は凶ということもある。
あの本では凶なのに、このウェブサイトでは吉ということもある。

でも、最も基本や根源に近い五行思想に関しては、
多くの方がベースとして参考にし、
そこから様々な展開をしていると思います。

だから、これを身に付けておければ、
そのまま利用するも良し、それを土台に、
さらなる深みを目指しても良し、
どっちにしても、無駄になることはないです。

05.間取り鑑定のポイント



五行思想が分かれば、
集合住宅だろうが一戸建て物件だろうが関係なく、
あらゆる住居の間取りの吉凶鑑定が可能です。

その鑑定ロジックが、ものすごく複雑で難しければ、
僕もご紹介するのをためらってしまうのですが、
これが、ものの30分程度で説明が済んでしまう、
本当にシンプルで理にかなったものなので、拍子抜けです。

06.誰でも鑑定は可能



今回の講座では、前半の前半に、
五行思想の仕組みを一通りお話し、本題は終了。

その後の全ての時間は、

・具体的な鑑定手順
・ケースバイケースでの応用のポイント
・もしも間取りが凶だった場合の対処法

などをご紹介しました。


みんな、間取りの吉凶鑑定を難しいと思っているのは、
簡単な根拠を隠し、いかにもそれを難しげに説明して、
ありがたみを増そうと躍起になってきた、
誰かのイメージに、まんまとハマッているだけです。


本当は、誰にでも、簡単に身に付けられるし、
だからこそ、自分の住環境を、自分で整えることが可能です。


そもそも、医学や法学などの学問と異なり、
家相学とは、生活に密着した、日常の学問であり、
先生や師匠のものではなく、僕達の知識です。


今回ご紹介したお話も、即、お家に帰って実践してもらえたら嬉しいです。


それでは☆


P.S.


終了後、受講者のみなさんには、
間違えて告知をしてしまいましたが、
次回の講座のテーマは、

『主寝室・リビングなど理想の部屋割り』

です。

・子供部屋
・書斎
・夫婦の寝室

など、お部屋って、単なる個室空間ではなく、
それぞれに、それぞれの意味や役割があると思います。

例えば、日当たりの良いお部屋を納戸にすると、
それが衣服だろうが食料品だろうが、傷みは早くなります。

また、日の当たらない暗い部屋をリビングにすると、
居住者の日常は、主に暗いものになってしまうでしょう。

住居に複数のお部屋があるとして。

その理想の部屋割りをご紹介します☆