未来というのは全てが不確定で、保証のきかないものだけれど、
比較的分かりやすい流れと、その場になってみなくちゃ分からない流れの、
ざっくり二種類が主成分だと思います。


細かく分けるとそこから派生する様々なものがあるだろうし、
神様にとってはどれも始めからお見通しの1本のラインなのでしょうが、
まず大体の概要を知ろうと思ったら、上記の2種に大別するのが良いと思います。


僕自身、鑑定のご依頼を頂いて、こよみをツールとし、
未来を読み進める上でクライアント様に確認するのは、


『どれと、どれが、予定として計算できること?』
『どれと、どれは、頑張って考えたところで分からないこと?』


と、この2つのポイントです。
そこで線引きをしてから、先へと進みます。


『分からない未来』は、無理にスケジューリングしようとすると、
どこかにしわ寄せが行ったり、誰かに迷惑をかけたり、
その予定が未来の自分の足かせになってしまったりして、
一生懸命突き詰めても、あんまりメリットはありません。


楽しい妄想レベルでとどめて吉。


・後少しで春が来る
・いつからいつまでが夏休み
・あと何年で還暦だなあ
・次の満月はいつだ
・30年ローンがあとどれだけ残ってる


そういうことは、その時点である程度確定し、
未来になってもそこまで変わらない、目安になり得る確かな流れです。


だからどれも、未来をスケジューリングする際の指針にして吉。


こよみには、本来、曜日や日付以外にも、
様々な判断基準が掲載されています。


月の満ち欠けや伝統的な年中行事だって重要なヒントです。


そして、確度が高く、かつ全員共通のものは、
予め、スケジュール帳に書き記してあるはずなのです。


西企画のこよみのマンスリーカレンダーには、
活かしやすい最小限度の項目しか掲載してありませんが、
もっと細かく、もっと専門的に、様々な情報が載っている暦もいっぱいあります。


どれも、昔からライフスタイルやビジネススタイルの参考にされてきた、
歴史というフィルターを生き残ってきたものばかりなので、
意識してみると良いだろうな、と思います。


その時。


まだ見ぬ未来の流れと向き合おうと思ったら、
上記にも挙げた通り、きちんとした線引きをしないと、失敗します。


★未来と向き合う時の注意事項

1.予め定まっていることを無視
2.予め分かっていることを軽視
3.考えても分からないことを考える
4.考えれば分かることを考えない
5.まだ何も起こっていないことで一喜一憂



将来の不安や希望は、頑張るエネルギーにもなるけれど、
つまづく甘い罠にも大いになり得ます。


方位の吉凶は、予め定まっている確定的で変わることのない目安です。
それが自分にとって、いつ、どこになるかは、誰でもいつでも確認可能です。


でも、そこに行けるかどうか、避けられるかどうかは、
その時になってみないと誰にも分からないことです。


ところが、そこに行く予定を立てたり、
それを避ける根回しをしたりすることは可能です。


なのに、まだその時が来てもいないのに、
どうせ吉なんて選べないとあきらめたり、
まだ運が悪くなっていないのに、凶を過剰に怖がってしまったり。


見えない運や未来の流れと向き合うと、
そうなってしまう方、少なくないと思います。


それって、すごく疲れること。
そんな風に気を消耗させる必要ないです。


未来と向き合う時は、もっとおおらかに、軽やかに。
決められることは決めれば良いし、
決められないことは、決められる時が来たら決めれば良い。


嫌でもその時がくれば分かります。
そして、その時が来る前にできることはいっぱいあります。


そんな風にできたら、見えない未来と、
仲良くなれるのではないかと思います。


それでは☆