2011年10月21日から、秋から冬への移行のための、
季節の変わり目という季節、“土用(どよう)”が始まります。


土用期間は、冬の始まりを示す“立冬(りっとう)”である、
11月8日(火)まで続く、18日と6時間。


その間は、大気の状態が不安定になり、
人の運も浮き沈みが激しくなる、と言われます。


このブログでも何度も取り上げてきたテーマなので、
土用ってなに?という方は、過去のこちらの記事をcheck。


土用のまとめ


今回の土用の注意事項は、特に精神面への影響。


★感情の浮き沈みが激しくなる
★ストレスを抱えやすくなる
★争いごとが飛び火する


喜怒哀楽が激しくなった時は、全ての判断・決断・選択を一時停止。
感情的に出した答えは、土用の不安定な作用を受け、
間違った方へと進みやすくなります。


ストレスを感じないようにするのは難しいですが、
その都度、解消するようにして溜め込まない工夫は可能。


イライラしている人とは距離を置き、
不用意に近づかないこと。
触らぬ神に祟りなし。


基本的に、10月は休息の月です。
それを忘れ、土用の不安定な煽りを受け、
感情的に考え動いてしまうと、
運の消耗は激しくなり、ただでさえ抵抗力が落ちている今、
バランスを崩してしまうことになる。


なるべく穏やかに、なるべく柔らかく、
運の良い大人の態度で毎日を乗り越えて運勢up↑


それでは☆