2011年9月24日(土)に、
東京都千代田区にて開催した、


“こよみの読み方”


の講座レポートです。

01.こよみよみ9月



8月が夏休みのため、こよみよみは無し。
1ヵ月ぶりにも関わらず、おかげさまで満員御礼。

02.満員御礼



この日は、定員(30名)を大きく越す、
46名様のご参加だったとのこと。
本当に、嬉しいです。ありがとうございます。

05.最後は恋愛運




当日の内容に関して。


いつも通り、まずは向こう3ヵ月の流れを例題に、
こよみの読み方の基礎として、

・決断を控えるべき時期
・勇気を持って先に進むべき時期
・休息⇒助走⇒繁忙の自然サイクル

を確認。

03.まず定番のやつ




他にも…


・10月に控える土用(季節の変わり目)の確認
・12月の吉方位旅行計画(日時の設定)
・国内外の大凶方位の確認


なども。


そして、後半戦でご紹介したのが、
予告通り、“恋愛運”に関して。

04.そこから深く




誰がなんと言おうと、2011年は、
恋愛運を中心に運が動きます。


そしてその流れから無関係でいられる人は、いない。


老若男女、あらゆる立場、あらゆる状況の人にとって、
恋愛運が、最も重要になる1年間。


でも、恋愛運を誤解している人が多いし、
僕とは異なる意味で恋愛運を取り扱う人が多いので、


『(有)西企画の重視する恋愛運とは』


をご紹介した上で。


★自分にとって、2011年を生きる意味とは何か?
★そこで必要になる考え方と動き方は何なのか?
★いつまでに、どんなペースで自分磨きをすれば良いのか?


のヒントのかけらを、本命星別に、
9種類、急ぎ足でお話ししました。


限られた時間の中で、どこまで想いを伝えられただろうか。
抽象的な表現が、逆に、不安をあおってしまっていないだろうか。


そんな反省はいっぱいですが、、、


とりあえず、この9月から12月へ向かった流れが、
自分自身を素敵にし、ピカピカに仕上げるための、
すごく貴重な時間であることを、
ちょっとでも意識してもらえたら、満足です。


今、僕達が含まれている自然の流れは、
ドラマチックなものでなかったとしても、
良いことばかりじゃなかったとしても、
目に見える動きが少なかったとしても、
自分の魅力を輝かせるためのきっかけに溢れた、
実はキラキラしたものです。


そこでどう過ごすかは、自分次第。
だから、そこからどうなるかも、自分次第。


魅力的な人が、モテるんじゃない。
魅力を磨く努力をしている人が、
他人の好感を得て、12月に成功することになる。


『あいつはいいよ、元がイケてるんだから』
『わたしはダメだわ、もう遅いから』
『自分が頑張ったところで、たかが知れてるし』


そんな予防線で自分を守って、
今まさにど真ん中のキラキラムーブメントを、
他人事のように傍観してたら、
それって他の誰に対してでもなく、
未来の自分に無礼を働くことになります。


まだまだチャンスは続きます。


張り切って参りましょう。


それでは☆


P.S.


すでに10月のこよみよみのお申し込み受付は始まっています。
今より少しでも良い自分でお会いできるように、
当日まで、精進します。