FAQ

年末年始というのは、
神仏との距離が近くなります。


受験生は合格を祈願するし、
新しい年を縁起良く迎えたいし。


年中行事として、
神社仏閣を訪れる機会が、
通常時より増えます。


で、そういう場面で、
よくある質問が、
方位の吉凶との絡み。


毎年、定期的にいただきます。


Q.凶方位の神社仏閣には参拝しない方が良い?

神様や仏様にお参りするとき、
自宅からの方位の吉凶は重要?


徒歩で行けるような、
近くの神社や仏閣ならば、
気にせずとも問題ない?


★商売繁盛
★合格祈願
★安産祈願


などを目的に参拝をする場合、
凶方位だとご利益はない?


または、吉方位にすることで、
ご利益は増す?


A.神仏への参拝と方位の吉凶は無関係です

神様や仏様に参拝するとき、
方位の吉凶を気にするのは、
全く筋違いの知識の混同なので、
必要ありません。


神仏の専門家は、
お坊さんや神主さんですが、
彼らが、


『参拝は吉方位じゃなくちゃダメ!』


と言っているのを聞いたことは、
ただの一度もありません。


専門書で目にしたことないです。


そういうことを口にするのは、
十中八九、専門外の方です。


そもそも。


本来、上位に置いて恐れ敬うべき、
神仏の存在よりも、


『方位が良いから(悪いから)』


という個人の都合を気にして、
参拝の是非を決めるというのは、
すごく違和感あります。


例えば、人同士の約束においても、
自分にとってすごく大切な、
尊敬する人と会おうとした場合、


『悪いけど、こちらの都合でお願いします』
『恐れ入りますが、そちらが合わせてください』


とは、絶対ならないはず。


『そちらのご都合に合わせてお伺いしますので、
お手数をおかけし恐れ入りますが、
ご予定をお知らせください』


って、当然のように、
みんなやってるはず。


仕事でも、生活でも。


神様や仏様だったら、
その気遣いは無用か?


何しろ心広い優しい存在だから、
人の勝手さは許容範囲内か?


というと、どうも、
そうではないという話を、
僕は良く耳にします。


なので、参拝の際は、
自分の時期や方位の吉凶ではなく、
神仏のご都合を最優先とし、
ご挨拶のタイミングをはかって吉。


例えば。


★縁日
★ご開帳
★神在月
★お祭り
★お盆やお彼岸


などなど。


神仏には様々な、


『ここぞ』


という参拝の機会があります。


僕は方位の吉凶に関係なく、
そういうときを選んで、
縁のあった聖域へお参りに行きます。


『凶方位の時に伊勢に行ってるけど、大丈夫かな』
『今月は方位が悪いから、お墓には行けないね』
『せっかくの神在月なのに、出雲が凶方位』


とか、全くこれっぽっちも考えません。


もちろん、上記の考え方には、
異論も反論もあると思います。


そんな方へ。


僕の主張はこうです。


信仰という上の世界の法則と、
方位という下の世界の法則を、
結びつけようとするのは、
そもそも無理があります。


なので僕にとって、
参拝の際に重視するのは、
自分の方位の都合より、
神仏のご都合ということになります。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★ゆうきこよみ2019メールオーダー

2019年度の運勢暦&卓上カレンダー。
『ゆうきこよみ』として生まれ変わりました。
史上最高の出来栄えです。

メールでご注文を承り全国へ発送します☆

ゆうきこよみ表紙

★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に、2018年1月から始める、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。
現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長

★千代田講座2018

2018年度の東京で定期講座。
下半期の全日程が決まりました。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セットでのご予約は2ヵ月前から可能です☆


★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

これまでは、
会いに来ていただくのみだった、
こよみを読み解く講座。

これからは、会いに行きます。
呼んでください。
こよみ呼び。


★質問専用エントリー2018

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法