みんな大好き、金運。


僕も大好き、金運。


お金を持ってると安心します。


お財布の中にお札がいっぱいだと、心にゆとりが生まれます。


金庫の中にお金がいっぱいだと、人生にゆとりが生まれます。


でもどういうわけかいつも、お財布や金庫の中は、寂しいと感じることが多い。


そうすると、心や人生が、スースーします。


運のすきま風。


お金が入ってきて、なおかつ、貯まる運を望むなら、


『お金を一切使わず、入ってきたものを溜め込む』


ということを考えるよりは、


『金は天下の回りモノ、上手に使って入りを増やす』


ということを先ず考えた方が、効率は良いようです。


それが運の世界での基本的な考え方です。


預貯金や不動産財産、また相続などの金運は、
決してカジュアルで気楽な運ではありません。


重いし、不安定だし、複雑。


だからそちらは軽々しく手を付けず、収支のバランス調整を優先します。


赤字を減らして黒字を増やす。
結果、手元にいくらかゆとりが残る。


という運用面からの金運の増やし方を狙うのがお勧めです。


結果、矛盾した表現なのですが、お金を貯めたい時は、上手に使う。


それがベストではないけれどベターな方法。


では、上手な使い方とは?


僕は金融の専門家ではないので、財テク的な観点からはお話できません。


今回は九星学を根拠に、


『自分にとって、金運が貯まる上手なお金の使い方』


をご紹介します。

九星学

以下の中から、ご自身の星を見つけ、ヒントを探してみてください。


一白水星・四緑木星・七赤金星の方

・自己投資(資格の取得等)
・自分磨き(個性や技術の向上と確立)
・趣味(余暇の充実)


二黒土星・五黄土星・八白土星の方

・経験を増やす(失敗経験も含む)
・住環境の整備(土地と家)
・健康(特に食生活)


三碧木星・六白金星・九紫火星

・学び(情報や知識の習得)
・感性の向上(芸術や美術)
・イベント(パーリーやお祭り等)


上記に挙げたようなことにお金を使えると、金運は上がります。


または、無駄遣いが減り、投資効率が上がります。


ただし、いずれも過ぎたるは及ばざるがごとし。


何事も分相応なのが吉。


お金の無駄遣いが減り、投資が的を射てくると、
帳簿に載らない貯蓄がどんどん増えていきます。


例えば人脈とか。
あとは信用だとか、充実感だとか。
他にも知識や経験や個性といったもの。


で、ある一定のランクを超えると、その人脈に、信用に、個性に、
価値が付いてお金に結びつき、大きな収益が生まれます。


で、支出より収入が多くなってきて、余裕が生まれる、という構造です。


ケチになって、色々なものを出し惜しみ、
帳簿に載らない赤字を積み重ねていくのは、
すごく残念なお金の使い方であり貯め方。


例えば、どんなに節制して預貯金を増やしたとしても、


『あいつは金に汚い』
『あの人はケチだから苦手』
『あの人と一緒にいると自分が損する』


そんな印象を周囲に持たれてしまったら、その、


『帳簿に載らない赤字』


が財政を圧迫し、どこかで


『帳簿にも載る赤字』


として転換してしまいます。


だから、金は天下の回りもの。


上手に自分のために使い、上手に他人のために使い、
帳簿に載るやつも、載らないやつも、
どちらも収支のバランスを意識するようにして吉。


それでは☆


お知らせ
★2016シリーズ発売! ーこよみ&カレンダーー

おかげさまで無事に完成しました!
2016こよみ 1,080円
2016カレンダー 864円
詳細は上記リンクから☆

★開運ドリルワークショップ2016@千代田

2016年という未来をデザインする、
毎年恒例、2時間のワークショップです。
11月までに確かな人生設計図を手に入れて吉☆

★講座のお知らせまとめ@千代田 2015年下半期

東京都千代田区での講座日程です。
第2水曜日と第4土曜日に定期開催中☆

★質問専用エントリー5

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆