人と人との繋がりは、切るものではなく、切れるもの。
それは自分が決めるのではなく相手が決めること。


これを縁とし、四緑木気の作用とする。


九気の世界では、そんな考え方があるようです。


『縁の深浅長短は神のみぞ知る』
『袖振り合うも他生(多生)の縁』
『縁は広いより長いを吉とする』


というような、ことわざや定義にも、繋がってくることになります。


自分から積極的に切るのではなく、
相手から自然的に切ってくる縁。


それは縁が無かった縁。


これは良縁だから、絶対手に入れなければならない。
これは悪縁だから、何とか遠ざけなければならない。


そんな風に、縁のジャッジを自然ではなく自分の判断で行うと、
本当の良縁と悪縁を、見間違えてしまうこともある。


直感や価値観は大切ですが、
それだけを判断材料にして決め切れないのが、
縁の面白い所であり、面倒くさい所。


西欽也が言うには。


縁とは、自分の運次第。


良い人も悪い人も色々いる世間の中で、
幸運な人は、悪い人でも良縁となり、
悪運な人は、良い人ともトラブルになる。


自分のエネルギーバランスによって、縁は良くも悪くもなる。


あの人にとっては良い縁も、あの人にとっては悪い縁になる。
それは相手次第なのではなく、自分次第で決まること。


結果、良い人間関係を構築する手段は以下の通り。


良い縁を求めるならば、良い縁を探し選り好みするのではなく、
自分のエネルギーを良い状態に保つこと。


悪い縁を避けたいならば、悪い縁を嫌い断ち切っていくのではなく、
悪いエネルギーを避けて、改善していくこと。


縁のエネルギー補給としてオススメなのは、
吉方位旅行とお水取り。
(有)西企画ではその2つをご提案することがほとんど。


北:家庭運、家族運、近親者との絆
南東:社交運、結婚運、世間との繋がり
西:恋愛運、魅力運、愛される自分


この3つの方位を吉で利用することは、
縁に関わる悪いエネルギーの排出であり、
良いエネルギーの呼吸になる。


もしも縁の不具合の原因が分からず、


どうして?
なんで?
誰のせい?
どこが悪い?
いったいどうしろっての?


と、道を見失ってしまうことがあったら。


その責任を、自分や他人、環境に求めるのではなく、
自分が抱えたエネルギーバランス(運の現状)に見つけ出し、
対処していくことから始めるのも、1つの方法かな、と思います。


それでは☆