後天盤における天地南北、九紫火気と一白水気の離合の作用を根拠に。


自信がある、ということ。
自信がない、ということ。


どちらも幸運の鍵となり得る、欠けたら困る陰陽のバランス。


自信があるし、自信がない。
その表裏どちらも絶妙に揃った時、


“納得”
“確認”
“許容”


ができるのだろうと思います。


自信を持って大丈夫。
でもあんまり過信したらいけない。


どっちも常にある自分の中にあるアクセルとブレーキ。


色々な場所に安全にたどり着くためには、
他にもステアリングだとかウィンカーだとか、
ミラーだとかも必要不可欠なものだけれど、
基本となるのはgoとstop。
あとは時々back。


それが最低限のスペック。


自信を持ちつつ謙虚に構える。
そんな素敵なバランスを自然体で表現するためには…


九紫火気(南)のエネルギーと、
一白水気(北)のエネルギーを、
どちらも呼吸するのが効果的。


配分は、南1:北3のバランス。


凶のエネルギーは不必要だから、
そこが自分にとって吉方位となった時に、
吉方位旅行ででかけて◎


お水取りまでできたらなお理想。


南北の吉方位旅行は、同一年度内のみでなく、
多年度に渡ったとしても問題なし。


南と北が同時に吉方位になる年はいつか?
にこだわる必要一切なし。


南の吉方位へと出かける時は、
次、北が吉方位になるのはいつかをチェック。


北の吉方位へ出かける時は、
次、南が吉方位になるのはいつかをチェック。


そんな風にして南と北のエネルギーバランスを整えることで、
ナチュラルに自信はあるけど過信をしない品の良い自分を、
育てることができるはずです。


それでは☆