あまりにも自分の運が重く、ライフスタイルに無駄が増え、


『このままじゃあ、ダメだなあ』


と、自分の中から危険信号が発せられたのを感じた時は、
プチ断食をするようにしています。


1日+半日だけの、お手軽なものです。
3食+朝食を抜くだけなので、それほど難しくはありません。


胃腸を空っぽにし、リセットするようなイメージなので、
健康的なやつとか、ダイエット的なやつなどとは、
少し違うかもしれません。


あくまで、自分なりのリセットです。


断食dayは、空腹に耐えながら、時間を過ごすことにます。
それって、いつでも、何回やっても、決して慣れることはなく、
毎回辛くて、いかに自分が食いしん坊なのか、
その都度、再認識します。


けれど、回数を重ねるうちに、僕にとってのプチ断食には、
ダイエットや体調管理などの健康面におけるメリット以上の、
思わぬ副産物があることに、気がつきました。


食事の時間を削った分だけ生まれる、贅沢な余力、です。


断食は、食べる時間が節約されるだけでなく、
そのための準備をする時間も、後片付けをする時間も、
食後の満腹感にひたってゴロゴロする時間も、全部なくなる。


朝、昼、晩、翌朝、合計で4食分の断食によって、
だいたい5時間から7時間が浮きます。


その浮いた時間を利用して、これまでに、


『今までできなかった様々なその他のこと』


をすることができました。


例えばお花見や、例えば喫茶店での仕事。
いつもよりゆっくりお風呂に入り、
夜、眠る前にはギターを鳴らす。


当たり前に食らっている生活より、
なぜが充実してしまう部分が出てくる。


食を削ることで、減り、少なくなり、欠け、無くなるという、
マイナスであり陰の作用が生じる反面、
同時に、残るものや余る余裕、使う余地など、
プラスの作用への派生があることが分かりました。


これは陰陽学で説明すること、可能です。
というか、そんな理屈など使わずとも、
削れば余るのは自然の道理。


もうこれ以上は削れない、もしくは削った所で到底足りない、という、
ギリギリを超えた状況からの洗練は例外として、
今を当たり前と享受できる段階においては、陰陽の法則を利用して、


『増やすために減らす』
『減らすことで増える』


という、ある意味矛盾した効能を引き出すことができそうです。


また、九気で言うなら、七赤金気の作用。
無駄を削ることで余剰が生まれる。
赤字を削ると黒字になる。


僕の場合は、それが断食だったということ。


人によっては、節電や経費の節約、
スケジュールの整理や人間関係の洗練など、
方法は様々、十人十色のはず。


当たり前だと思っていることの中にほど、
ムリ・ムラ・ムダは見つかることが多い。


余らせたい。
増やしたい。
贅沢をしたい。


だからこそ、減らす。


矛盾はしない運の法則。


良い運気向上のきっかけになるのではと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】ご質問はこちらで承ります☆
当エントリーとは直接関係のないご質問も、
こちらにコメントいただければご返信します!