九星学


自分で自分のことなんて、分かんなくてもいんじゃないか。


自分が自分のことを、一番知らない、ってことは自然なんじゃないか。


自分以外の周囲の人の方が、客観的な立場と視点から、
より正確に自分のことを把握し理解してくれている、
なんてことも、あり得るんじゃないか。


自分の姿を見るのに鏡を使うという行為は、
単なる姿見だけではなくって、


『自分の姿は自分じゃ見れないんだよ』


という、自然からのメッセージのような気がします。


ただ、容姿や動きは鏡というツールを使えば、
自分で確認することもできますが、


・才能
・能力
・実力
・調子
・運気
・個性
・長所
・短所
・弱点
・魅力


そういった鏡に映らないものは、
どのような方法で認識し受け止めれば良いのか?


『自分のことだもの、自分が一番良く分かってるでしょう』


とは限らないでしょう。


で、冒頭の一文に戻る訳です。


『あなたの才能はなんですか?』
『あなたの個性はなんですか?』
『あなたの魅力はなんですか?』


と質問されて、すぐに分かりやすく答えられる人、
そんなに沢山はいないんじゃないかなと思うのです。


けれど。


僕は自分のことも、自分意外の他人のことも、
たずねられたら、即答できます。
その才能も個性も魅力も。


10秒間だけ時間をもらえたら、
最低5つはその素晴らしさを、
立て続けに並べられる自信があります。


それはもちろん、鏡を使って見抜くのではなく、
直感でも経験でも、当然、口からでまかせなんかでもありません。


九星学というロジックを用います。


『いやいや、自分にはそんな力ない』
『そんなの買いかぶり、自分に魅力はない』
『そんなに褒めてもらっても、信じられない』


そんな風に謙遜をする人もいるかもしれませんが、
一切、そんなことはお構いなしです。


それでもあなたは魅力的。
誰がなんといおうと、素敵な個性がある。


生年月日によって当人の特色を推測する九星学を、
当たり外れを楽しむ占いとして利用するのは、
エンターテイメントとして十分成立する素敵なことですが、
それだけで終わらせてしまうのでは、ちょっともったいない気がします。


この世界に、自分の運まで正しく映し出してくれる、
スペシャルな鏡が発明されるその時まで、


『自分を知る手がかり』


として、時々、参考にしてみるのも、
悪くないんじゃないかなと思います。


それでは☆


【質問専用エントリー5】ご質問はこちらで承ります☆
当エントリーとは直接関係のないご質問も、
こちらにコメントいただければご返信します!