こよみの上では2011年2月3日が、
節分であり年の節目となりますが、
カレンダーの上では今日が大晦日。


これが365回目のブログの更新となります。


自分にとっても、自分の周囲の人にとっても、
2010年は本当に変化の1年でした。


今振り返ると、それはどちらかと言えば、
楽しくて気持ち良くて簡単な幸運ではなく、
厳しくて辛くて努力や工夫を求められる、
面倒臭いことだったように感じます。


けれど、自然の流れの中で、
特に意図したわけではないけれど、
まるで予定調和のように自分の軌道が修正されていったような、
そんな風にも感じます。


変わることで求められる行動は面倒臭いものばかりだけれど、
変えるための苦労は少なかったような気がするのです。


自分の場合はかな。


通常は逆で、変えるのって本当に大変で、
変えることさえできてしまえれば、
あとはそれにおっつけて変わっていけば良いだけ。


変えるのが大変。
変わるのは楽。


2010年の場合は…


・変えざるを得ない事情が発生する
・勝手に変えることになる
・自分はともかく周囲の環境が変わる


というような好むと好まざるとに関わらず発生する『変化』の事情の中で、
頑張って過ごしぬいてきたというのが、今の実感です。


ただ…


自分ひとりでは乗り越えることができなかった変化の壁も、
幸運と良縁に恵まれ、ありがたくも周囲を巻き込みながら、
価値観を変え、スタイルを変え、文言を変え、
様々な改革改善のビッグウェーブに乗ってここまで来ることができました。


というわけで。


2010年度中は大変お世話になりました。
おかげさまで、とても思いで深い節目の年を過ごすことができました。


10年後に今を振り返った時、


『あそこでスタイルが変わった』
『あそこでシステムが変わった』
『あそこから運が変わった』


と、きっと自信を持って言えると思います。


来年は、そこで変えた軌道にさらに磨きをかけ、
もっと素敵なものを創り出せるようにしたいと思います。


2011年も、どうぞよろしくお願い致します。


僕の仕事始めは1月4日からです。
それまでしっかりと『休息の12月』を過ごし、
心と体と魂の栄養補給をしてから、
新春開運講座ツアー2011の各会場で、
みなさんに直接、新年のご挨拶をしたいと思います。


それでは☆