毎年発行するこよみを通して、
発信・提案しているラッキーアイテム。


★インテリアに取り入れる
★アクセサリーとして身に付ける
★大切な人へのお土産や贈り物にする



そんな風に使ってもらえるように、
身近なツールをご紹介しています。


で。


2010年の『ひょうたん』に引き続き、
2011年、(有)西企画イチオシの、
幸運を引き寄せるラッキーアイテムは…


『打ち出の小槌』


です。


日本に昔からある、馴染み深い縁起物で、
神社や仏閣だけでなく、色々な場所で、
それほど大きなお金を出さなくても、
気楽に手に入れてもらえると思います。


例えば…


早速ですが、先日、副社長が、


成田山新勝寺


に吉方位旅行に出かけた際に、
こんなお土産を買ってきてくれました。



『辰年』と書かれた大入り袋を開けてみると、

01.辰年



金色に輝く打ち出の小槌。

02.金の小槌



『開運』と書かれた、この部分、

03.開運



フタになっていて、開けることができます。

04.オープン



中には、これまたゴールドの縁起物が!

05.財宝がザクザクと



小判がザックザク。

06.小判



『無病息災』を願う6つの瓢箪。

07.無病息災



僕の干支であるドラゴンのお守り。

08.辰



・お金が返る
・無事帰る

のカエルや、辰年の守り本尊である普賢菩薩、
さらには戎様に大黒様など、幸運がゴッソリつまっています。

09.カエルと神様



他にも、『どこを振っても必ず目(芽)が出る』というサイコロなど、
小さな金色の縁起物が、これでもかと合計18ピース。
(5円玉と比較すると、その小ささが分かると思います)

10.縁起物オールスター



これで、1,000円(消費税込み)だそうです。


早速、携帯電話に取り付けて、
来年を迎える準備を整えました。

11.携帯電話に装着



打ち出の小槌1つ手に入れた所で、
お給料が倍になるわけではないし、
ボーナスがもらえるわけでもないし、
宝くじが当たるわけでもないでしょう。


けれど…


『小さなラッキーも見逃さない幸運アンテナ』


は、確実に身に付くと思います。


高価なお札やお守りや、
秘伝の水晶玉や秘密の金運財布も素晴らしいと思いますが、
僕にとっては、こんなカジュアルさが、
分相応な自分にピッタリのお気に入りです。


買うかどうかは別にして、
どこかで見かけた時には、
ちょっと手にとってみて下さい。


それでは☆