ただいま、2011こよみ鋭意製作中。


最近はお風呂に入っている時も食事の時も、
ワールドカップ観ている時もボケッとしている時も、
何なら寝ている時まで来年の運のことばかり、
常にどこかで考えています。


で、アンテナに引っかかってきたものは、
『来たぁ!』と言わんばかりの勢いで、すぐメモ。


講座会場へ向かう移動の最中でさえ、
原稿書きの時間となってしまいます。


より正確に表現すると…


今、テレビやラジオで見かけたり、
偶然に身の周りで起こってくることさえ、
逃さずヒントにしておくことができたら、
来年の運を読み違えることはないはず、
そんな感覚でアンテナを張り巡らせています。


なぜならば…


講座ではもうずっと前から、
何度も繰り返しお伝えしてきたことなのですが、
2010年6月という1ヶ月間は、
2011年の予兆が現れるタイミング。


来年へ向けた自然の流れが、
小さな規模で動き始める時。


知らずに眺め聞いていると、
逃してしまうこともありますが、
知って意識し過ごしていると、
多くの運のカケラが見つかります。


7月6日まで、そんなチャンスは続きます。
だからスケジュール的にも運勢的にも、
自分の都合や思惑とは無関係に、
2011こよみ製作の勝負所が、
必然的に決まってきます。


そういう今も、東京での講座が始まるまでの、
空きの時間を利用して、
会場近くのタリーズにて原稿書いています。


僕が今、抱えて過ごしているこの感覚、
みなさんの生活や仕事や交際において、
役立つ機会がどこかにありませんか?


ちょっと意識をしてみて下さい。


それでは☆