★出掛ける時は水晶や守り本尊などのお守りを身につける


この習慣は、僕だけでなく、
僕の周辺の人達も、待ち行く見知らぬ人達も、
みんなやっていることかもしれませんね。


特に最近は…


・若い世代の男の子や女の子
・バリバリ活躍する会社経営者
・テレビで見る芸能人やスポーツ選手


など、みんなが『パワーストーンのブレスレット』を、
ファッションも兼ねて身に着けている姿を、
本当に良く見かけるようになりました。


僕はあまりブレスレットが得意でないので、
気が向いた時にしか腕周りにアクセサリーは付けません。


今のお気に入りは、お願いして作ってもらった、
カーネリアンと水晶の勾玉ネックレスと、
10年前に両親からプレゼントしてもらった、
辰年生まれの僕の守り本尊、普賢菩薩さまです。



普段はハンドメイドの麻の袋に入れてあります。

守り本尊1



手のひらに丁度納まるサイズの木彫りのお守りです。

守り本尊2



ペンダントのロケットのように、
フタをあけると、中に普賢菩薩様が彫ってあります。


これ、ずっと身に着けていると、
仏様の顔が次第に持ち主に似てくるって言います。


実際…


似てきたような気がするから、不思議です。
僕が太ると太るし、痩せると、痩せる。


不思議。


その真相、ブログでは公開することができません。
興味がある人は、講座の時にでも、
こっそり話しかけて下さい(笑)


話を元に戻して。


外出時は、自分自身を悪運から守る防御として、
上記のようなアイテムを身に付けるようにしています。


特に…


不特定多数の混雑にもまれるような時や、
都会の荒波の中に飛び込んで行くような時は、
欠かすことのできない安心の源です。


別に、勾玉や守り本尊でなくとも、全く問題なし。
けれど何か、自分を守るグッズ、外出用のお守り、
持っていた方が、良いと思います。


値段や形、ルールにこだわらず、
ここぞという時に自分を守ってくれる防御アイテムとして、
お守りを身に着けて運勢up↑


それでは☆