★感情的になっている
★ストレスが溜まっている
★ピリピリ・イライラしている
★不安に押しつぶされそうになっている
★心配事を抱え過ぎて混乱している


そういうとき。


怒りや不安は大きな原動力なので、
言ったり決めたり買ったりしたくなります。


ムカつく気持ちが潜在的な欲求と結びつき、
本来の自分だったらあり得ない、
乱暴な生き方で暴走できるようになります。


それってすこぶる危険です。


怒って決めたことは間違えるからです。


怒ったら負ける

心がトゲトゲしているとき。


喜怒哀楽が激しい状態。


嫉妬の炎がメラメラしている期間。


そこでは感性が曇ります。


判断力が著しく低下します。


狭い視野と鈍った感覚で、
偏った考え方しかできなくなります。


乱れたハートは運を停滞させるのです。


運が悪くなるのです。


だから、


『他に道はない』
『もうやるしかない』
『絶対間違ってない』


みたいな浅はかな決めつけで、
無駄に自分を追い込んだりもします。


理性的な他人の助言など、
全く耳に入ってきません。


当然の周囲の反発が、
火に油を注ぐことになり、
余計に勢いが増すなんて悪循環も。


戦いの世界の駆け引きにおいては、
あえて相手を怒らせる、
という戦法もあるようです。


怒った方が負けなので、
勝つための戦略として挑発を行い、
見事引っかかった方が負けます。


怒って決めたことは間違えるからです。


怒ると間違えるのが人の仕組み

感情が判断力を奪う、というのは、
運の世界だけの話ではありません。


医学や科学、統計学でも、
きっと証明できるはず。


自分の過去の経験を振り返っても、
大いに心当たりがあります。


怒っているときに考えることは、
ろくでもないことばかりでした。


怒りに身を委ねて動いたときは、
いつもよりミスが多かったし、
いつもとは違うミスで周囲に迷惑をかけました。


怒りが思考や運動の妨げとなり、
作業効率を著しく低下させる、
という事実は実証可能です。


怒って決めたことは間違える。


それが人の仕組みです。


怒って間違えるその前に

正しい選択とは、
心が穏やかな状態でこそ可能です。


落ち着きのある冷静な時のヒラメキだけが、
信じるに足る第六感となります。


それは分かっちゃいるけれど、
どうしてもイライラやストレスの力は強いから、
僕達はそういうときほど頭を使ってしまいます。


怒りのエネルギーを利用しながら、
無理矢理に前進してしまいます。


日常の中にある小さなことならば、
被害も微々たるもので済むでしょう。


しかしそれが自分の人生に関わるような、
大切な判断・決断・選択であるならば。


取り返しのつかない間違いで、
怒りの怖さを実感させられるはずです。


それはそれで勉強なのかも。


それを経験することでしか、
成長することができないのかも。


怒って決めて間違える、
という経験による学び。


きっとあるのでしょうね。


その前に気づけたら良いのだけれど。


微笑んで出した答えこそ吉

運の分岐点や人生の節目において。


そこでの選択は、大きく未来に影響します。


そこで怒りを原動力にすると、
大きな推進力を得る代わりに、
間違える危険を抱え込むことになります。


だから。


ほんの少しだけで良いから、
心が平らになる時を待ってみませんか。


感情のトゲトゲを落ち着かせ、
その状態で感じること、思うこと、
ひらめくことをヒントとし、
未来への方向性を定めましょう。


なぜならば。


怒って決めたことは間違える。


泣いて出した答えは外れる。


穏やかな心の状態で、
微笑み出した答えならば、
自信を持って身を任せて吉。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法