(有)西企画の講座って、どんな講座?


そんなお問い合わせを頂くことがあります。


どんな講座とお伝えすれば良いのだろう?


改めて見つめ直してみると、一言で説明できず、
分かりやすい表現を探して、常にその都度、ちょっと困ります。


雰囲気や、料金や、内容、テキストに関しては、
ある程度、目安となるようなものもあるのですが、


『どんな講座?』


と直球で聞かれた時、素直に打ち返せるようなストレートな言葉は何か。


自分では、当たり前のように、


『運を良くするための方法をご紹介する講座』


と昔から考えていたのですが…


改めて問われてみると、単にそれだけでは、無いような気もしてきます。


で。


以前、『西欽也の話』というものと、
世間一般に言う『嫁入り道具』は、
似ているかもしれないなと感じたことがあります。


昔は、一族の女性が他家に嫁ぐ際、
嫁入り道具を持って行かせる、
そんな文化があったでしょう。


名古屋の嫁入り道具は豪華絢爛で有名、
なんて話を聞いたことがあります。


今でもそうなのかな。
行ってみたいな、名古屋。


嫁入り道具ってのは、すごくざっくり言うと、
お嫁に行った際、生きていく上で役立つツールや、
自分の身を守ってくれるお守りなどを、
ワンセットにした小道具一式のこと。


(有)西企画の講座でご紹介する知識は、
まさにその『嫁入り道具』とそっくりだと思うのです。


・場合によっては今すぐ役に立つわけじゃない
・特に無かった所で生きていけないわけじゃない
・けれど、あることによって、より素敵に人生と向き合える
・ここぞという時に役立ち自分を助ける支えとなってくれる
・それがある、というだけで安心できるお守りとなる



そんなもの。


もちろん、講座では知識をお伝えするので、
それは手に触れて確認できる、形ある『嫁入り道具』ではないのですが、
『花嫁修業』というより『嫁入り道具』が近いと思うのです。


それは男性にとっても同じこと。


家から、世間へ旅立つ時。


それは結婚の時だけではなく、
仕事や成長や縁の波に乗って、
自分の人生と向き合う時。


安心して勇気を持って、
決断し、前進するための支えとして、
運勢学や九星学・方位学の知識を、
役立ててもらえるように。


そういう講座にしたいと思うし、
そういう講座ですと自信を持って言えるように、
今後も精進したいと思います。


その時。


知ることで重くなるお荷物な知識って、あると思うのです。


『知ったら、不安が増した』
『学ぶことで、不自由になった』
『中途半端にかじったばかりに、生きにくくなった』


そういう声、いっぱい聴いたことがあります。


そういうのは、ダメだし、嫌だし、運が悪い。


どんなに学んでも、知れば知るほどに、
お荷物にならない軽やかな嫁入り道具。


それをある程度まで一通り揃えるための講座。


西企画にて、僕が担当する講座とは、
全てそのためのものだと思います。


それでは☆