2012年6月21日(木)に、
群馬県富岡市にして開催した無料講座、


こよみよみ@富岡


のレポートを。

01.こよみよみ@富岡



東京でのこよみよみと比べて、
富岡は今、お席に余裕があります。


毎月第3木曜日の19:00、恒例の無料講座として、
興味のある方は、気楽に遊びに来て下さい。


どの場所の『こよみよみ』であったとしても、
まずやることは、いつも同じ、


『向こう3ヵ月間の自然の流れの確認』


からスタート。

02.7月からの3ヵ月



・7月、8月、9月は、どんなことが起こると読み取れるか?
・その3ヵ月間の中に決断を避けたい時期はあるか?
・逆に、勇気を持って踏み出したいチャンスはあるか?


これを軸に、現実のスケジューリングや行動計画のヒントを探していきました。


前半戦は、『7月』という本格的に運が動き出すタイミングから、
どんな流れが始まるのか、そこで何が必要になるかを紹介した上で、
後半戦は、凶方位へ出かける際の、最も基本的な対処方法に関して。

03.後半戦は方位の対処



吉方位には、吉方位への行き方があるように、
凶方位には、凶方位への行き方があります。


どちらも大切な方位学の知識。
どちらかのみ大切にするのではバランスを崩す。


知ってか、知らずかは別にして、
凶方位を利用することになった場合、
そこでの運の見所は主に3つ。


1.行く前に気をつける(行くことになる原因の把握)
2.現地で気をつける(行った先での凶運の抑制)
3.行った後に気をつける(呼吸した凶運の排出)


で、今回は特に『2』に関してご紹介を。


もしも、万一、自分が凶方位に行かなくちゃならなくなった場合。


・出張
・修学旅行
・冠婚葬祭


などの理由があっては、それは、そこに行く必然性があります。
断っていたら、断ることで生じる悪影響がある。
そういう時は、上手に行くのが良いです。


上手に行くということは、
現地で手に入る恐れのある凶方位のエネルギーを、
最小限度に抑えて帰ってくるということ。


そのための具体的な手段として。


【凶方位への上手な行き方】

★現地での温泉入浴を避ける(シャワーや内風呂で済ませる)
★現地での生水を避ける(水道水も避けた方が無難)
★現地でのナマモノを避ける(火の通った食べ物が吉)
★現地での出費を避ける(余計な買い物はしない)
★現地での観光を避ける(計画外の行動はしない)



(有)西企画では、この5つの方法をお勧めしています。


下手なお札やお祓い、お呪いよりは、上記のような、


『自分で気をつければできる実際の行動』


の方が、理論的によっぽど効果的だと思います。
お金もかからないし。


そもそも、凶方位へ行っているのだから、
吉方位へ行くのと同じような行動をしていたら、
何となく良くないような気はするでしょう。


それを『凶方位』って部分ばかり気にして不安を膨らませ、
けれど行動には反映させず何もしない、
っていうのじゃ、それこそ不注意となります。


本当に、凶方位であることが嫌だな、と思うのだったら、


『せっかくここまで来たのに温泉入れないのぉ』
『どうせだったら、地元の美味しいもの食べなくちゃ損じゃん』
『来ちゃったんだからしょうがない、お買い物してもいいよね』
『ついでだもの、地元の観光くらいは大丈夫でしょ?』
『だって、でも、そんなこと言ったって、、、』


とか言わずに、気をつけて行くのが良いです。
それが難しいのだったら、そもそも、
方位の吉凶など気にせずに、気持ち良く出かけるべき。


方位学では、方位の吉凶が分かるだけでなく、
吉なら吉なりの、凶なら凶なりの、
自分自身の考え方と動き方の具体策が分かります。


ナマミズ、ナマモノに気をつけろ!
というのは、占いに限らず、
昔から旅人に対してかけられる戒めの言葉。


参考になります。


その上で。


凶方位へ行く対処法で、最も効果的なのは…


『吉方位へ行くこと』


です。


凶方位へ行ったのだから、
吉方位へ行くのが対処になります。


凶方位へ行かなくてはならない時がくるのだから、
吉方位へ行っておくのが、対処です。


凶には吉を。
方位には方位を。
凶方位には吉方位を。


今、吉方位がないならば、
次に吉方位がある月が来た時には、
今までの遅れを取り戻すつもりで、
積極的にでかけるのが良いと思います。


凶方位は、行ったらすぐに運が悪くなる、
というものではありません。
その悪影響が噴き出すまでには猶予があります。


凶方位へ行った時から、それが作用するまでの間には、
タイムラグがあると考えられます。
そしてそのタイムラグは、対処期間でもあるのです。


凶方位へ行く人が運が悪くなるのではない。
凶方位へしか行かない人の運が悪くなる。


本年度以内に吉方位へ行くことができるなら、
十分対処期間となります。


必要以上に凶作用を恐れず、
吉方位がある月の計画を立てながら、
現地では上記にあるポイントをしっかり守って、
あとは気楽に過ごして運勢Up↑


僕はそういう風に方位学の知識を捉え、
ライフスタイルに組み込んでいます。


それでは☆


▼こよみよみ@東京

 7月28日(土)のお申込みの受付がスタート!
 早速のメール、本当にありがとうございます。

 定員まで残り9席となります。
 スケジュールをご確認の上、なるべく早めのご予約を☆

▼墓地の選定と墓石の建立@東京

 2012年7月14日(土)15:30から、
 お墓の運の講座をします。
 先祖供養は2012年にみんなが向き合う課題。
 みんなにとって、いつか役立つ情報として、是非。

▼運を学ぶための超基礎知識講座

 運の知識や鑑定の技術を学ぶ前に、興味を持って触れるさらにその前に
 知っておいた方が良いこと、誤解を解いておいた方が良いこと、
 『運』という不確かな世界だからこそ、いっぱいあると思います。

【質問専用エントリー3】

 使用上の注意をご一読の上、気楽にご質問を。
 
 過去の記事にヒントがないか探す際は、
 本文の右側、contents☆の下にある、
 『keyword検索☆』もご利用ください。