いよいよ、(有)西企画の講座で利用する、
テキスト『ほんきの〈き〉学』の製作が、
現実的に動き出し始めました。

原稿作りはすでに8割がた終了。
あとは図の作成と書籍デザイン。
その打ち合わせ、してきました。

最近の書籍の作り方の傾向として、
より多くの方々の協力の下、
僕1人ではなく、みんなで、
1冊の本をまとめている、
という感覚があって心強いです。

今回のテキストのポイントは…

『今日、初めて家相を知った人にも分かる』
『これから家を建てる人の参考になる』
『今、住んでいる家の運が分かる』
『どういう家相が良いか分かる』
『悪い家相の対処法が分かる』

という感じ。

初心者だとか上級者だとかは関係なく、
今、その知識を必要としている人であるならば、
誰にでも楽しんでもらえる家造りの教科書を、
まとめようと思っています。

で。

最近はその中に、単なる家相学のルールだけでなく、
僕や師匠の考え方というか『(有)西企画のDNA』みたいなものを、
メセージとして隠しこむように意識しています。

例えば…


■第3章 家相の鑑定方法

吉は選択
凶は対処

吉を学ぶのは『どれが良いか』を知るため
凶を学ぶのは『どうしたら良いか』を知るため

吉を知らないと選択ができない
凶を知らないと対処ができない

吉は喜ぶためだけに学ぶものではなく
凶は悲しむためだけに学ぶものではない

ましてや凶の知識を脅し文句のように受け止め
必要以上に恐れたり落ち込んだりするのは
運そのもの意味を忘れた間違った理解の仕方

運を良くするためには
吉も必要
凶も必要

どちらの知識も等しく学び
毎日の生活の中
上手に選択・対処して運勢up↑



なんて一節が入ってます。
これ、すごく言いたいこの書籍のテーマだったりします。

そんなわけで。

何とか夏になる前までには完成させられるよう、
一生懸命仕上げに専念します。

それでは☆