『変化』とは何なのか?


その根本的な定義を、九気学的にハッキリさせるとしたら。


変化を八白土気の作用とする。


自然の八白土気の作用を受けて、人は変化する。


当人が保有する八白土気のエネルギーの質の良し悪しで、
良化と悪化に結果は分かれる。


いずれにしろ、変化とは、現状維持がないこと。
『コレマデ』と『コレカラ』が違っている、
ということになると思います。


これまでとこれからが同じくして変化なし。


過去と未来を繋ぐ現在という節目において、
これまでを見直し、これからを見据えて、
今、成そうとする改善、工夫の一歩こそ、変化だと定義します。


全ての人にとって、完璧な過去も、約束された未来もない以上、
どんなに素晴らしい立派な人であったとしても、
常にステップアップやキャリアアップは大切な『今』の課題となるはず。


それを前提とすれば、


・変えない
・変わらない
・工夫しない
・現状維持にこだわる
・頑固に曲げない


ということは、多くの場合、凶へと繋がることになります。


『今までやってきた生き方の方が、慣れているし安心だし、
実際そうして生きてくることができたんだもの。
無理に今、変えようとしなくても、未来だって問題は無いはず。』


そういう考え方もあると思います。


けれど。


本当にこれまでのスタイルに、工夫すべきところはないのか?
ただの1つも、改善の余地はないのか?


今すぐには役に立たずとも、これから必要になるであろう、
より良いステップや方向はないのか?


そう自分に問いかけた時。


『ある』はず。


小さなことかもしれないし、ほんのわずかな違いかもしれないけれど、
ない、ということは、ないはずです。


そこでコレマデとコレカラを比べ、変化を与える。
変えること、変わることを、快く歓迎する。


そうすると…


そこに『節目』ができる。


今はすぐに実感できなくても、後で振り返った時に、


『あそこが重要だった!』


という、分岐点ができる。


そういう意味で、変化というのは、
とても効果的な開運ツールであると言うことができます。


自分にとっての『変化』とは何なのか?


それが分かると、講じる対処の方法、見えてくる場面も増えると思います。


より良い変化のエネルギーを求めるならば、
八白土気の吉を手に入れるのが効果的。


その際は、北東という方位を吉で用いることが基本。


変化が必要な人にとって、


・八白土気
・北東


上記はいずれも欠かすことのできない要点になると思います。


それでは☆