22b71925.jpg



運を良くするためのラッキーグッズとして、
水晶を他人から購入しようとした場合、
ちょっと気になるのが、


『値段はいくらくらい?』
『本当に本物?』
『間違った買い方をしてない?』


などの不安や心配。
特にそれが『初めての購入』という場合なら、
より色々と気にかかることも多いはず。


(有)西企画では現在、水晶の販売をしていないので、
直接商品をご案内することはできません。


けれど、僕が個人的に、
そういった開運アイテムを購入する際の、
方法や注意点ならばご紹介できます。


これが唯一無二の正解、
という意味ではなく、
ヒントの1つとしてお役立て頂けたらと思います。


【吉方位での購入】


吉方位旅行に出かけた際に、
旅先に石のお店がないか調べ探し、
気に入ったものがあれば購入します。


吉方位によって高まる運を利用した、
比較的オーソドックスな購入方法です。


【大凶方位では買わない】


吉方位購入とは逆の注意点。


自分にとって大凶方位にあたる店舗では、
素敵な水晶との出会いがあったとしても、
購入を見送ることにしています。


【神社仏閣での購入】


縁あってお参りした神社や仏閣に、
気に入ったものが販売していた場合に購入します。


神仏のご加護にあやかった方法。
でもそういう場所で手には入るものは、
比較的ファッションセンスに欠ける、
『いかにも』なデザインが多いのが玉にキズ。


【価格帯の目安】


小さめの石が連なったブレスレットは、
相場がだいたい2000円〜3000円。
ペンダントヘッドの場合も、それ位が多い。


大きめの石が連なっていたり、
繋ぎや留め具などに細工がしてあった場合、
4000円〜5000円(石のクオリティーによってはそれ以上)。


上記に挙げた金額より、大幅に安かったり、
法外に高かったりするものは、
よほどの信頼関係がない限り、
購入しないようにしています。


信頼できるなら、払った分だけの質と力が期待できるので、
下手な安物より、多少値が張っても良いものを選びます。


でもそうじゃないなら、後でガッカリしたくないし、
そもそも『ラッキーアイテム』に一抹の不安はノーサンクスなので、
疑わしきは買わず。


よく雑誌などの広告で、


『気を入れた開運水晶』
『これであなたも億万長者に』
『購入者から喜びの声続出』


とかうたった水晶グッズのプロモーションを見かけますが、
全く興味が惹かれることはないです。


気を入れるなら、吉方位の大自然で入れます。
もしくは由緒ある神社仏閣で祈祷をお願いします。


どんなに有能な霊能者様の『気』より、
大自然のエネルギーの方が遥かに強大であると、
僕にとっては思えるからです。


ちなみに…


写真のネックレスは、僕が個人的に作ってもらった、
水晶と麻のオーダーメイド。
これで2500円。


使ってある大きめの丸玉水晶は、
直径20mmで定価1500円。
それが相場のようです。


このネックレスを、吉方位旅行先に持っていって、
お水取りの際、自然の湧水で浄化し、
エネルギー注入して身に着けます。


【信頼できる人から買う】


何だかんだ言って僕自身、
石やアクセサリーの専門家ではないので、
残念ながら、その商品のクオリティーや効能を、
見抜く自信はありません。


そのため、プロフェッショナルの目利きを信頼して、
より良いものを適正な価格で、
安心して購入するわけですが…


その『プロフェッショナル』と呼ばれる人や店舗が、
怪しかったり信用できなかったりして、
購入を躊躇しちゃうんですよねえ。


僕は幸いなことに、今の職業を通して、
幅広い素敵な出会いを得て、
その人脈を利用し、個人的に信頼できる方から、
ラッキーアイテムを購入できています。


おかげさまです。


それが難しい場合は、最終的には、
その価格や薀蓄ではなく、


『縁あって手元にやってきたもの』


を受け入れるのが良いだろうとおもいます。


最後に。


水晶の購入をめぐるトラブルのパターンは、
だいたい決まっているので、
注意すれば素人でも避けられます。


◆例その1


ありもしない効能を列挙して購買意欲を煽り、
水晶の価値以上の付加価値を商品に上乗せして、
双方の誤解を招くパターン。


◆例その2


それなりの価値のある商品を、
必要以上に安く購入しようとして、
偽物をつかまされてしまう、
安物買いの銭失いパターン。


◆例その3


通信販売やインターネットオークションを利用し、
『相手の人物』が見えないところでお金を支払い、
信頼を裏切られてしまうパターン。


上記のような例にさえ注意しておけば、
自分に必要な運の良いものを、
ちゃんと買えるはずです。


それでは☆