今自分が、その身に、その心に、寒さや冷たさを感じるは、
一白水気の作用が働いているから。


寒冷を一白水気の作用とします。


11月・12月・1月が寒いのは、
寒いから寒いのではなく、
その3ヵ月間、一白水気の作用が強まるから。


この期間を冬と称し、水気の季節であり、寒冷とします。


ちなみに、季節には5つあり。


春:木気
夏:火気
秋:金気
冬:水気

プラス、5番目の季節、

土用:土気


合計で、五季。


木気が強まるから、草花は芽吹き、これを春と言う。


暑いから夏なのではなく、火気が強まるから暑くなる。
火気は気候だけではなく、人の心も熱くする。


例えばそんな風に考えたのが、昔の人。
それをロジカルに体系化したのが、九気学。


気が働くのは、季節に対してのみではなくて。


暦の上で、その漢数字の配置において、


『一』


が中央に入るというのは、一白水気の作用が特に強まるという暗示。


一白水気の年、一白水気の月、一白水気の日、一白水気の時には、
一白水気の作用が強まって、寒冷を始めとする、
様々な固有の力を自然が発し、人はその影響を受けることになる。


一白水気のことが起こるし、
一白水気のことを注意した方が良いし、
一白水気のことをやると運が良くなります。


じゃあその『一白水気』っていったい何なのか?


そのためには、九気学の中でも、特に一白水気の学習が必要です。


その詳細を利用することで、


『つまり一白水気とは』
『ってことは一白水気なんだから』
『例えば一白水気の場合』


と、気を変換して出来事を把握できるようになる。


この変換作業を、鑑定とします。


ちなみに。


寒冷以外にもある一白水気の代表的な作用をいくつかあげると…


・選択
・集中
・信用
・思考
・睡眠


などが挙げられます。


一白水気の年には、みんな、選択を求められる。


これを年の運勢とします。


一白水気の固有の作用を、


『人を動かす原動力(エネルギー)』


と見た場合。


一白水気の良いエネルギーが豊富にあると、選択力が高まる。
一白水気の悪いエネルギーをいっぱい抱えていると、選択で間違える。


そう考えることになります。


良い選択をしたいと思ったら、一白水気の吉エネルギーが必要。
悪い選択を避けたいと思ったら、一白水気の凶エネルギーを避けることが必要。


エネルギーの吉凶を判断するためには、
方位学や家相学などを利用することになります。


北を吉方位で用いるのか、凶方位で用いるのか。
北の家相は良いか、悪いか、など。


寒冷で心も体も痛むことが多かったり、
選択ミスや集中力不足で定期的にトラブルを起こしたり、
信用や思考が欠かすことのできない立場や職業にいたり。


そういう方は、一白水気という自然エネルギーを、
しっかり活用することができると、運が良くなると思います。


それでは☆