64f165f3.JPG


ただ今、(有)西企画総出で、
気楽こよみへの『開運エネルギー注入』の作業を、
毎日のように行っています。

こよみは印刷所から上がったら、
すぐにそのままお届けするのではなく、
まず、我が家で全て、checkします。

全てのページに、ザッとではありますが、
目を通し、確認し、それからカバーを付け、
その後に、販売します。

・汚れは無いか?
・破れは無いか?
・落丁や乱丁はないか?


書籍を作った本人が、
その出来不出来を1つずつ確認します。

そんな風に書籍を売っている会社、
多分どこにもないだろうな。
すごく効率悪いし。
疲れるし。

上記の作業である程度『不良品』を除くことができますが、
それでもやっぱり全ては除ききれないし、
何より、時間がかかるので、1日に500冊程度しか進みません。

不良品が出るのは当たり前としてしまったり、
面倒な作業を業者に外注してしまったりと、
そういうスタイルの必要性も良く分かるのですが、
それでもなお、1つずつ本を確認するのはですねえ、



『僕達が作っているのは、ただの本じゃなくて、
使う人の運が良くなる開運スケジュール帳なんだっ!』




という意識と誇りがあるからだと思います。

大量生産できないし、
手間が加わるほどに原価率は上がって、
どんどん儲けが少なくなるとは、
そういうのはモチロン十分承知です。

(そこ、ちゃんと分かってるからね、社長!)

それでもなお、やっぱり来年も同じ志と、
同じやり方で作ってしまうのだろうなあ。

そんな『こよみ』を作る会社が、
日本に1つくらいあっても、まあ面白いかな。

でね、何より、そういう作業を、
こよみを作った本人達がやることで、
そこには『エネルギー』が入ると思うのです。

手作りのお料理が美味しいのと一緒で、
素材作りそのものはプロの素材作り屋さんに任せるとして、
せめて『最後のひと手間』は、
自分のこの手で加え、それをみんなに渡す。

ハンドメイドの気楽こよみ。

早くみんなに利用してもらえるように、■気楽こよみ2008のご購入は!

パソコンからの場合…

コチラからどうぞ←クリック!

携帯電話からの場合…

〇疚
⇒絞愴峭
住所
ご望冊数

を明記の上、

info@okigaku.com

までMAILを下さい。

※ドコモの携帯をご利用の方は『ドメイン指定』をcheck!
一生懸命、『最後のひと手間』、やります。

それでは☆