占いとは、昔の人達が多くの経験の中で、
あーでもない、こーでもないと言いながら編み出した、
『運が良くなる方法』を紹介する知恵、
だと僕は解釈しています。


・時の流れの中に運を見つける方法
・その時、その場の状況に運を見つける方法
・偶然に見えるものの中から必然を見つける方法


など、目的に応じて様々な占術がある中で、
西企画が意識しているのは、どの方法にこだわりを持つか、ということより、
それらのロジックを用いて、いかに日常的に運を高めていくか、です。


西企画に属する者達は、僕も、師匠も、
その他スタッフもみんな、運命や運勢を読み取り予測することは、
実は不得意だし、あまりそこに意味を感じていません。


今年の天災や政治や流行を予測し的中させることより、
今必要な、仕事や生活や交際のヒントとなる、
具体的な傾向や対策を探し出す方が得意だし、
それこそが鑑定の必要性であり必然性だと思います。


ましてや、前世や宿命、守護霊のメッセージなどの、
スピリチュアルな世界の情報をお求めならば、
別の専門家にご依頼頂く方が、きっと良い成果を得られるはずです。


西企画による鑑定結果とそのご提案は、
カジュアルで日常的で、比較的現実的な、
大予言というより小予言であると同時に。


西企画においては、運が悪いことの原因を探ったり、
いかにその悪運が凶であるかを説明したりすることは、
よほどの特殊な事情がない限り、あり得ないです。


むしろ逆で。


『ある意味ただのプラス思考』
『ずいぶん楽観的な受け取り方』
『ものは言い様な適当さ』


そんな気配を感じる方が多いのではないかと思います。


例えば…


★トラブルが起こってくれるから問題が見つかる。
★クレームが入って初めて気づけることがある。
★病気になるから体を労れる。
★ピンチの後にチャンスあり。
★雨降って地固まる。


etc...


楽観的なプラス思考を用いれば、
どんなトラブルも“ものは言い様”だと、
ガッカリされる方も多いと思います。


そんな誤解を少しでも避けられるように、
きちんとした根拠を提示します。


そのために、運の知識を用いることになる。


『適当にその場しのぎで気楽なこと言ってるわけじゃなく、こんな理由があります』
『後から取って付けたと思われぬように、予め理屈は伝えておいたはずですよ』
『僕達が生まれるずっと前から、このような考え方があるようです』


と、主観や経験談とは別物な、
全員共通の終始一貫したロジックをご紹介しています。


一般的な占いにおいては、『凶』の存在が、
ただただ不必要なアンラッキーとして扱われているような気がします。


『そっちは大凶方位だから行ったらだめだよ』
『今は時期が悪いから引越ししない方が良いよ』
『あの人とのお付き合いは大凶だから要注意』


etc...


凶のことを凶というのは、全く問題がないです。


凶を吉ということの方が問題なわけで。
そこに疑問は感じない。


ただ、『凶』とは単なる脅し文句ではなくて、
きちんと意味があると思うのです。


恐怖感を植え付けそれで縛り、
それを軽減・解消するための対価として、
クライアントからお金を引き出すために、
凶というものがあるわけじゃなくて。


凶には凶の、しっかりした存在意義がある。


吉と凶は、どちらも生きて行く上で必要な判断基準。
吉が吉で凶が凶ではなく、吉も凶も共に重要なヒント。


僕が思うのは、


・何が悪いかが分かっていれば、凶は単なる凶じゃなくなる
・どうしたら凶を避けられるか知れば、凶はただの凶じゃなくなる
・どんな凶を冒したかが分かれば、凶はいつまでも凶じゃなくなる


ということ。


凶が『どこか?』『いつか?』『なにか?』を分かっていれば、
避けることができるし、注意もできる。


必要以上に不安にならないで済む。


ただ、それを無責任な気休めと誤解されては不本意なので、
昔からある知識を正しく提示しつつ、納得してもらう。


そういう場面でこそ、運の知識が活きる。


吉しか知らない人に、対処や注意はできません。
凶を知ってこそ、より幅広く、現実生活において、
運のあるライフスタイルを実践することができます。


凶を怖がり忌み嫌うのは、あんまり歓迎できない危うい方向性。


凶の存在意義を正しく理解できると、
人生はより軽やかで自由なものになるし、
そのためには、ある程度、根拠となる知識を学んで損はないと思います。


それでは☆