運というのは不思議なもので、
多くの場合、『私の現実的な都合』に合わせて、
何とか強引に進もうとすると、
上手く行かないことが多いようです。


『私の現実的な都合』とは…


・自然の流れとは別にある、
・自分の感情や思惑が優先の、
・個人的な欲求による道。


そんなものだと思って下さい。


『私の都合』がどうであろうと、
季節の移り変わりや周囲の人間関係、
その時、その場の環境・状況に合わせて、
バランスを取りながら前進した方が、
良い流れへとナチュラルに導かれていくんだよ、
というのが、暦をベースにした考え方。


流れや運勢に沿ったライフスタイル。


自然の流れに合わせず逆らって、
『私の都合』を優先して前進するという事は、
例えばどんな場合でしょう。


いくつか例を挙げてみます。


運が悪い人というのは、運が悪いほどに、


・大凶方位へ行きたがる
・凶時期に転居・転職・結婚をしたがる
・運が悪い時期と方位を自ら選ぶようにして行動を起こしている



『行っちゃいけないよ』という大凶方位には、
行きたくなっちゃう流れになります。


『やっちゃいけないよ』という大凶時期には、
やりたくなっちゃう流れを持ちます。


これを、


やっちゃいけない時ほどやりたくなっちゃう、の法則


または、


行っちゃ行けない方位ほど行きたくなっちゃう、の法則


と言います。


詳しくは、以下のエントリーにて。


◆やりたくなっちゃう時がある


上記のような不自然な流れ。
これは仕方のないことです。


『私の現実的な都合』を最優先させた結果、
行ったりやったり、したくなっちゃうわけだから。


自然の流れや吉時期・吉方位を、
何年も前から視野に入れ、計画を立てて、
目の前の判断や決断を積み重ねてきたわけではないのだから。


また、これも不思議で意地悪な運だなあと思うのが、
凶時期に行動を起こしたり、凶方位に出かけたりするのって、
経験上、本当に簡単で、楽。


何の障害も問題もない。


むしろ縁起の良い神様の後押しがあるんじゃないかってくらい、
スルッとトントン拍子に気持ち良く進むことができる。


僕自身の過去の言動を振り返ってみても、
そういうの、心当たりがすごくあります。


『凶ほど、やりたくなっちゃうし、
しかも簡単にできてしまえる』


という心身の動きや周囲の流れは、
運が良い人にも、悪い人にも、
同様に起こっていると思います。


大切なのは、そこで、


『やっちまうのか、我慢できるのか』


ということのみにかかってきます。


特に、現在の自分の流れに、
あまり良い手ごたえを感じていない人は、
そこでの判断・決断・選択・実行・投資は、
とても重要なものになると思います。


これまでの流れは、これまでと同じスタイルで前進する限り、
これからもやはり、同じ方向へ進むと考えるのが自然です。


悪い流れを断ち切って、良い流れに軌道修正するためには、
我慢や苦労や面倒臭さが付きまとうかもしれないけれど、
これまでとは異なる価値観と基準の元、
その目の前の問題に向き合っていかなければいけないでしょう。


今の自分の流れを感じてみる。


それが良い流れであるならば、
これからも、同じスタイルを継続させればOK。


一方、そこで何らかの不具合を感じているならば…


今までとは異なるスタイルにチャレンジしてみる。
それは簡単なことではないかもしれないけれど、
歯を食いしばって試してみる価値はあると思います。


その時。


色々ある方法の中のひとつとして、
吉時期や吉方位という基準をヒントにしてもらえたら、
僕でも何かお役に立てることはあるかもしれません。


運勢学も方位学も、唯一無二の正しい基準ではないと思います。


他にも自分に合った素敵なスタイルは、
この世界にいっぱい見つかるはず。


だから、今回のお話は、


『悪い流れを感じたら、運勢学をやらなくちゃだめ』


という意味では決してありません。


『これまでとは異なる基準』の1つの候補として、
ちょっと意識してもらえたら、それで十分です。


それでは☆