時々ふとしたきっかけで、
幸運と悪運の違いについて、
考えることがあります。


運が良い人とそうでない人の違いに関する考察。


本当に時々で、いつもではありません。


普段はむしろ、ほとんど『運』なんて、
意識しないで、きっとみんなと同じような感覚で、
生活や仕事をしています。


ただ、目の前で『運』を見せられると、
つい、『なんだろな』って考えてしまう。


運が悪いと言うことは、本当に運が悪いのか?


ここで言う『運が悪い』とは、分かりやすく例えれば、
以下のようなことになります。


お金がない(稼ぎが少ない)
異性にもてない(縁に恵まれない)
失敗が多い(実力が足りない)
仕事が上手く行かない(仕事がつまらない)
才能がない(生まれながらにツイていない)


etc...


それらの一般的な『運の悪さ』は、
本当に運が悪いから起こる、
運の悪い人専用のイベントなのだろうか?


なぜそれが、僕の疑問の対象になるかと言うと、


・十分なお金を持っていてもなお、不満を持つ人は、いる
・異性にはモテるけれど、人間関係に苦労している人は、いる
・失敗は少ないけれど、成功も少ない人が、いる
・仕事が上手く行っていても、その他でつまづく人は、いる
・天賦の才はあっても、ツイていない人は、いる


っていうの、現実に『いる』ということを、
目の当たりにして実感しているので、


『あれ?お金があるって、幸運なの?』
『異性にモテるのと、同性にモテるの、どっちが幸せ?』
『失敗をしない生き方って、幸運な人生?』


って、ちょっとヒネクレた考え方をしてしまいます。


でも、逆の立場である運の良い人に関し、
現実に間違いなく『いる』人を考えてみると、
そんなヒネクレ方、あながち外していないように思うのです。


例えば…


運が良い人でも、失敗はする。
運が良い人でも、資金繰りに苦労することはある。
運が良い人だって、恋愛に悩む。


それらの人生におけるドラマは、運が良い人にも、悪い人にも、
ことの大小頻度の違いはあれど、概ね等しく起こっていて、
実はあんまりどちらかに偏っていないはずなのです。


運が良い人を見ていて、そう思います。
運が悪い人を見ていても、やっぱりそう思います。


じゃあ、何が違うのか?


運の良い人と悪い人で、決定的に違う『何か』はあるのか?


あると思うのです。


それらのあらゆる出来事に対する『受け止め方』が、
正反対と言っても良いほど、異なります。


失敗を、次の成功のためのヒントと取るか、
単なる骨折り損の余計な手間と取るかで、
その人の最終的な結果は、明らかに違うものになります。


ここで大切なのは、『失敗』そのものが、
運の良し悪しを判断する基準にはならない、
ということです。


大切なのは『最終的な結果』の良し悪しのはずだからです。


そうすると、その前段階での失敗の後の考え方と動き方が、
当人の運にとても深く関わって来ると思います。


例えば。


『仕事が上手くいかない、もしくは、つまらない』


という場合。


それって、一部の限られた人にのみ起こる特別な例外ではなく、
比較的多くの方が、日常的に接し得るドラマで。


だから、仕事が上手く行かない=凶とか、
つまらない作業をしなくてはならない=悪運ではなくて。


そこで、


『だから、工夫をして、より良く、楽しくするんじゃん』


と考え動くのか、


『こんなくだらねえ仕事やってても、正直、意味がなくね?』


と考え動くのかで、出発地点は同じでも、
到達地点は大きく変わるはず。


すごく乱暴に要してしまうと…


何でもプラス思考で受け止められたら、
その人こそが、世界で一番幸せな人。


与えられた条件や状況の良し悪しに気を取られていると、
時に本来の運を見落としてしまう恐れもあるので、気をつけないといけない。


何でもマイナス思考で受け止めていたら、
どんな素晴らしい出会いも、必要不可欠な経験も、
自分自身で『否定』してしまうので、全ては悪運となってしかるべき。


という訳です。


スピリチュアルとか世界の不思議とかが全く登場しない話で、
きっとガッカリしたことでしょう。


ただ。


運の本質とは、そういう当たり前のつまらない何かに隠されていることが多いです。


当たり前で日常的で身近すぎる何かだから、
つい気を抜いて見落としてしまうことがある。


事前に知って意識しているからこそ、
当たり前で片付けずに重視することができる。


例えば。


『今月は、つまらない仕事であったとしても、真面目に取り組んで運勢up↑』


という運勢や、


『縁は広いより長いを吉とし、増やすことより続けることを幸運とする』


という九気学、


『まめに掃除をすることで、悪い気の蓄積を防ぐことができる』


という家相学を学び知ることで、


『仕事なんて真面目にやって当然』
『縁の繋がりが大切だなんて知ってる』
『掃除するのは当たり前のこと』


という感覚は、なくなってきます。


それを、必要で大切な開運の手段として再認識できるようになる。


これが、わざわざ運を学ぶことの意味だと思うのです。


『どんなことも前向きに受け止める生き方』


は、よほどコンディションの良い状態でない限り、難しいです。


けれど体調や感情に任せて生きていると、
常に良い流れを維持することはできません。


不調時こそ、運の知識と用いて、フラットな感覚で、
必要な考え方と動き方をすべき。


そのためには、


『どうしてそう考え動くべきかと言うと』


という根拠が必要だし、その根拠を導き出すに至る、
揺るがぬ確かな体系的ロジックが不可欠。


運とは受け止め方である。


けれど、何でもプラス思考で受け止められるほど、
人は常にポジティブでいられる仕組みにはできていない。


だからこそ、運を学び、理由を知る。


知っている安心、分かっている自信、それが僕達の心を前に向かせてくれる。


結果、運を学ぶと運が良くなる。


そういうことなのかな、と思います。


それでは☆