異なるの効能を持つアクセサリーの併用


今、手元に二種類のアクセサリーがあるとします。


例えば…


金と銀というように材質が異なるもの。
リングとネックレスというように形状が異なるもの。
金のブローチとプラチナの指輪というように、
材質・形状共に異なるもの。


色々な『組み合わせ』が考えられます。


そして。


材質・形状が異なれば、
運への作用や、それがもたらす効能は、
当然、異なります。


『モノ』が持つ性質・性格が違う種類なので、
人に与える影響も違ってくるのです。


この時!


作用の異なるアクセサリー、
その両方を同時に身に付けても、
運に悪影響はないのか?



ということに関して。


全く問題ありません。


例えば、材質に関して。


先日の『ゴールドのススメ』でもご紹介しましたが、
銀には外から来る悪い気を退ける、
魔除け・厄除けの効果があります。


一方、金にはその本体自体がエネルギーを発し、
持ち主の開運を助ける効果があります。


それぞれ異なる作用を持つ2つの材質ですが、
シルバーのアクセサリーとゴールドのアクセサリー、
もしくはシルバーとゴールドが組み合わさったアクセサリー、
この両方を同時に身に付けた場合、
両方の効果をバランス良く期待出来ます。


だから通常時は、分相応な、
やり過ぎにならない範囲内で、
金・銀・プラチナ・宝石などを、
上品に組み合わせて身に付けられたら素敵。


バランスの良い組み合わせは、
バランスの良い運(安定感や穏やかさ)を、
演出してくれることになるでしょう。


しかし!


もしも自分の目的が、一つに絞られている時には、
アクセサリーの材質や形状、組み合わせも、
一つに絞って統一感を持たせた方が、
より、運を良くする事が可能です。


例えば…


『今から試験本番!実力を発揮しなくちゃ!』
『これから大切な商談だっ』
『今日のデートは勝負だな』


そんな時は、ゴールド、オススメです。
エネルギーの源、活力となります。


一方…


今まで行った事がない所。
会った事がない人。
観た事がないもの。


それらと初めて接する時は、
シルバーで身を固めるのが良いでしょう。
万一、運気に危険が及んだ時でも、
銀の魔除け効果が、あなたを守ってくれるはずです。


結論。


通常時は、バランスの良く複数のものを組み合わせる。
ここぞという時は、目的に応じて統一感を持たせる。



それがアクセサリーの上手な利用の仕方だと思います。


ここで再確認。


アクセサリーは、あくまで人の運気を支える、
補助的な役割を果たすもので、
万能の開運ツールではありません。


頑張るのはアクセサリーではなく自分。
その自分の考え方や動き方を、
そっと支えてくれるのがアクセサリー。


ましてや…


『このブレスレットを付けると女性にモテモテ!』
『宝くじに当たる幸運ネックレス!』
『お金を招きよせる開運ジュエリー!』


そのほとんどは『ナシ』だと思います。
仮にそんな素敵なアクセサリーがあったとしても、
その数はとても少ないし、身に付ける自分の実力も問われるはず。


一方で、使い方によって、単なるお洒落なだけでなく、
十分、運を良くする事が出来る開運アイテムとなり得るので、
無理なく積極的にライフスタイルに取り入れて吉。


今まで何の意識も無く指輪やネックレスをしていたならば、
これからはちょっとだけ考えて、
今日のアクセサリーを選んでみて下さい。


それでは☆

P.S.

アクセサリーを語り始めると、


リングはどの指にすると良いか?
自分に合う材質は何か?
どの宝石や自然石がどんな力を持っているか?


など、より多くの好奇心が湧いてきます。


僕はアクセサリーの専門家ではないので、
興味のある方は、アクセサリーのデザイナーやお店の方、
また、今、流行の『パワーストーン』のお店などで、
話を聴けると思わぬ発見があるかもしれません。


オススメです☆