西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2022年12月

その時その場ではたいして考えず、 サッと答えを出してしまうのに、 割としっかり的を射た、 最適な道を選べる人がいます。 そういう人って、 ★決断力がある ★頭の回転が早い ★直感力に恵まれている などなど、いろんな要素を、 複数持っていると思うのですが。
『考える人より考えておく人の方が運は良い』の画像

ミスはミス自体が凶なのではなく。 ミスだと気づかない・気づかれないままなのが凶。 ミスが見つかるのは、むしろ吉。 ミスをミスだと気付ける自分は、運が良い。 ミスを指摘してもらえるのは、ありがたい。 ショックだしイラつくだろうけど、凶じゃない。 ミス
『ミスの発見に祝福を ーそしてミスの指摘に感謝をー』の画像

自然の流れに向き合う際、良い意味での、 ★割り切り ★開き直り ★あきらめ は、必要だと思います。 思考停止という意味ではなくて。 春に陽気が暖かくなり、草木が芽吹くことを、 『どうして暖かくなるんだ!?なんで芽吹くんだ!?』 なんて戸惑っても仕方な
『悪運とは異なる当然の不具合 ー心配しても仕方のないトラブルー』の画像

継ぎ目の良し悪しは運の良し悪し。 良い継ぎ目とは、滑らかな接続。 どこに境界があるのか、 目を凝らさないと分からないような、 綺麗なグラデーションのこと。 逆に悪い継ぎ目とは、ガタガタの接続。 ブツンと途切れる終了や、唐突な開始。 わざとらしい修正や、
『継ぎ目が綺麗ならば運も整う』の画像

↑このページのトップヘ