西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2022年12月

運が停滞気味のときは、 素直になれないことが多いです。 根性がひねくれて、 感情をこじらせて、 いつもとは違う自分になりがちです。 妙に反発してしまったり。 プライドが暴走したり。 天の邪鬼になったり、 斜に構えてしまったり。 それって要するに、 運が悪
『自分が悪役を演じているときは人生の決断をするな』の画像

『円滑に眠ることができる』 『気持ち良く起きることができる』 というのは、とてもすごく運の良いことです。 一白水気の吉エネルギーが、 豊富なのだと推測されます。 逆に。 『なかなか眠ることができない』 『いつも起きるのが辛い』 というのは、あまり運の良
『睡眠と覚醒の早さ ー 運に関わる寝て起きる速度 ー』の画像

※おかげさまで満席となりました! 次回は2023年1月25日(水)の予定です。 準備が整い次第ご予約受付開始します。 もう少しだけお待ちください。 東京都港区の外苑前にて鑑定会を開催します。 2022年12月21日(水)です。 ご予約承ります。 ★東京鑑定会 日程:基本毎
『【告知】東京鑑定会@外苑前2022年12月』の画像

こちらはラボメンバー限定記事となります。 『ラボってなに?』 という方は、以下のリンクのご確認を。 相談とは答えを教えてもらう手段じゃなくて。 一白水星・四緑木星・七赤金星の場合。 会話を通して考えるため。 相手に話を聞いてもらうことは、 自分と
『【ラボ限定】相談の有効性と様々な副産物』の画像

久しぶりの吉方位こよみよみ。 長野県松本市にて開催します。 吉方位こよみよみとは、 交通費のみ実費でいただければ、 出張料や講師料などなしで参ります、 という西敏央呼び出しシステムです。 詳細は以下にて。 今回は松本まで参ります。 ★松本こよみよみ講座
『【告知】松本こよみよみ2023』の画像

『○○は凶“らしい”よ』 『○○が縁起悪い“みたい”ね』 『○○だと悪運って“言ってた”よ』 など、聞きかじりの引用や受け売りで、 頼んでもいないのに大切な人生の決断に干渉してくる、 無責任な他人の横やりは、あんまり気にしないで吉。 そんなの、いちいち真に
『吉凶を知りたい人に求められる強さと勇気』の画像

運を学び始めたばかりのため、 『まだ難しいことは、良く分からなくて』 という不安を持っている、自称初心者の方へ。 または。 運を十分に学んできた結果、 『どれが正しくて何が本当なのか、分からなくなってしまって』 という不安を持っている、自称上級者の
『自分だけの吉凶鑑定基準 ー見失いたくない自分軸ー』の画像

待てる人は強いです。 待機(次の機会を待つ)が、できるか、できないか。 それで運勢に差がつきます。 人生には、 ★頑張っても報われない ★張り切るほど空回る ★疲れが失敗を呼び更に疲れる そんな悪循環や悪い流れってあるでしょう。 いかにも悪運のシナリ
『悪い流れを変えるために必要なたった1つの行動』の画像

家相に自分や家を合わせる時代は、 ずいぶん前に終わりました。 立派な権威や昔ながらの伝統に合わせて、 自分の価値観を曲げる必要などない、 ということです。 いや、そういう時代がね、 それなりに長く続いてきたものだから、 刷り込みされちゃってる方、多いでしょう
『土地や家に合わせて自分を曲げる必要なし』の画像

最近、自己紹介を求められたら、 『運をデザインする手帳を作っています』 って応えるのがお気に入りです。 西企画という会社の定款には、 ★教育業 ★コンサル業 ★書籍製作業 など複数の事業が書いてあるのですが、 そこに属する僕の役割は主に、 『運をデザイ
『西企画の西敏央はいったい何屋さんなのか』の画像

↑このページのトップヘ