西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2022年06月

オンとオフの両方がないと、 運は良くなりません。 頑張るだけでは人生が成立しません。 でも頑張らないと、 幸運・良縁は手に入りません。 だから予定を整えて吉。 計画的に、オンとオフを配分して吉。 そのための目安として、暦をひらき、 ★頑張るべきとき ★
『頑張るべきとき/頑張らなくて良いとき』の画像

暦の上で、休息とは、 『これまで頑張った人へのご褒美』 ではなく、 『これから頑張る人のための補給』 という意味合いが強いです。 いわゆる、 『腹が減っては戦ができぬ』 というやつ。 休むのが先。 動くのは後。 インプット(陰)が先で、 アウトプ
『過去を休息の条件にしない ー休むのは常に未来のためー』の画像

初めての1回目で決めつけないこと。 途中の味見だけで判断しないこと。 だってそれだと運を読み違えるから。 ジャッジが早すぎる人の運はひらきません。 効果測定は定期的に。 暦の上で計画を立てて。 答えを手に入れる前のモヤモヤに負けずに。 間違えても良
『途中で効果測定する人の運はなかなかひらかない』の画像

久しぶりにやります。 旅するように商いする。 たびあきない 前回は2019年9月22日@桐生。 その節はありがとうございました。 あれから新型肺炎騒動を経て、 約3年ぶりの開催です。 ★たびあきない in NAKAKONYA . 日程:2022年6月26日(日) 時間:10:00から22
『たびあきない in NAKAKONYA』の画像

運というのは可視・不可視、両方あって。 全てが帳簿に現れるわけではありません。 数値化できないことの方が多いです。 全てをデータで計れるものでもなく、 統計を取ることもできず、 不確かな分かりにくい分野だと思います。 今、自分は運が良いのか悪いのか、 そ
『次のステップへ進むことができたならそれで吉』の画像

運をひらくライフサイクルにおいて、 停滞期に落ちるのは偶然の必然。 人は定期的に落ちるべきだし、 上がりたいなら下がる必要がある。 落ちるという表現を縁起悪く感じるなら、 別の言葉で言い換えます。 それは、落ち着いても良いとき。 または下がり降りるべきと
『落ちて良いとき ー落ちる必要があるときー』の画像

運が動くときには、色々起こります。 また、色々起こせば、運は動きます。 出来事と運は密接に繋がっています。 何かすれば、何か起こります。 何もしなければ、何も起こりません。 待っていたら何か起こることもあるけれど、 それは以前に動いておいた何かのおか
『運が動くときに運を動かした自分の運をもっと信じて吉』の画像

運の世界だけでなく、 仕事でも生活でも同じだと思うのですが、 『身近な人の理解と協力』 は、吉時期・吉方位・吉家相と同等、 もしくはそれを上回る大切なエネルギーです。 吉さえ選べるなら、 親の理解や友達の協力なんて、 運には必要ない、 なんて、大きな間違い
『絶大な力を持つ運の原動力 ー玄人より優先すべき素人の意見ー』の画像

西企画が発行するゆうきこよみは、 遠い先の未来の情報まで掲載してあります。 10年120ヵ月先までの、 吉時期・吉方位を先読み可能です。 自分の運だけでなく、 大切な家族やパートナーの分を、 今年に限らず、来年や再来年、 その先の未来まで、 今、この時点で確認して
『10年先までの情報が載ってない暦じゃ運はデザインできない』の画像

やってみなくちゃ分からないことがあったとして。 やってみて、分かったことがあったとして。 ところが、その分かったことが、 自分にとって好ましい成果ではなく、 不都合な失敗や、予想外の展開だった場合。 『失敗するなんて運が悪い』 『思ったのと違うからダメだ
『分かったという幸運 ー分からないままであるという不運ー』の画像

↑このページのトップヘ