西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2022年01月

六白金気の年。 六白金気の月。 暦の年盤や月盤の中央に、 『六』 と表記された期間。 五 一 三 四 六 八 九 二 七 上記のような九気の配列において。 注意すべきは六白金気の現象。 想定すべきは六白金気の出来事。 そこでは色々な注意事項を挙げることが
『無意識・無自覚な交通危険 ー時間的余裕の確保が課題ー』の画像

ゆうきこよみの上で、9ヵ月に1度、 定期的にやってくる超繁忙期は、 方位の作用が最大化します。 ★吉方位は大吉方位にアップグレード ★凶方位は大凶方位にダウングレード というのが、弊社からのご提案です。 上記を踏まえ転居・旅行・お買い物など、 移動の計画を立
『行っちゃダメ?行っても良い?とか何とか占い師に移動の是非を委ねるのではなくて』の画像

西企画において。 吉方位旅行での、 理想の滞在期間は二泊三日です。 往復の移動時間を抜いて丸々24時間、 吉方位の現地で過ごす滞在を理想とします。 絶対条件ではないので誤解なく。 『二泊三日できないなら意味がない』 『日帰りや一泊では効能がない』 『理想以
『吉方位旅行の絶対条件 ー敷地外の吉方位へ出かけることー』の画像

特殊な環境や、複雑な生い立ちから、 『どうしようもなく屈折しねじ曲がった根性の持ち主』 というのは一定数いて。 そういう方の運というのは、 教科書を投げ出し、 あらゆる基本・基礎を忘れて、 向き合わないと分からないもの。 既存の知識に囚われないように注意
『根性がひねくれるのは停滞の証』の画像

2022年 元旦 恥ずかしながら寝坊しました。 大晦日に年越しライブ配信をして。 この投稿をInstagramで見る Toshihisa Nishi(@nishitoshihisa)がシェアした投稿 眠って起きたら8時00分でした。 えへへ。 ちなみに過去の初日の出はこちら。
『 初日の出2022』の画像

↑このページのトップヘ