西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2021年12月

暦の上では2022年2月3日まで、 2021年が続きます。 けれど。 大晦日に1年を振り返り、 (カレンダーの上での)新年を迎える、 という世の中のムードが、僕は大好きです。 だから大いに便乗して、 毎年、12月31日のblogは、 予約配信ではなく、当日、 その年の感想をblo
『2021年を振り返って ー独りで出来ることなんて何もなかったー』の画像

あれは確か、2021年9月のこと。 仕事を抜け出して、サラッと、 吉方位ツーリングへ出かけたのですが。 ★山道でシフトペダルがモゲて修理 ★ゆったり運転車両がずっと前で足止め ★目当ての蕎麦屋が休みでランチ難民 など、短時間に色々なことが起こり、 とても良い旅
『吉方位旅行のエンタメ化 ー全てを楽しむために必要な想定ー』の画像

2021年度最後の繁忙期である1月。 恒例のオンラインイベントを開催いたします。 2022年1月22日(土)の14時から。 →新春こよみよみ(無料) →新春スペシャル講座(有料) 上記の2本立てです。 ★新春こよみよみ2021 日程:2022年1月22日(土) 時間:14時00分から16
『新春こよみよみ&スペシャル講座2022』の画像

引越しの吉凶鑑定の際、 何度も繰り返しご提案することなのですが。 運の良い引越しの絶対条件は、 時期でも方位でもなく、 『良い土地に建つ良い家を選ぶこと』 ってのが基本中の基本。 本来なら言うまでもない当たり前。 けれど、枝葉の理屈を気にし始めると、
『引越しの吉凶鑑定において最も大切なこと』の画像

吉方位強化月間。 年に1度か2度。 9ヵ月に1度やってくる定期サイクルで。 不安定なこの世相においても、 『吉方位旅行は吉方位強化月間が最も効果的』 ということは暦上で確定。 一生涯分定まっていて、変わることなし。 どこへ行くか? どのくらい滞在する
『吉方位強化月間 ー吉方位へ出かけるのに最適な期間ー』の画像

やった人だけが言える、 『もっと早くやれば良かった』 『何で今までやらなかった』 『意外に簡単だった』 という台詞。 やったから味わえる、 その残念な後味。 どうしてもっと早くやらなかったのだという、 →自分へのガッカリ感 →損したような気分 →情けなさ
『運を動かした者が味わうモヤモヤ』の画像

★他人の言動 ★流行や世相 ★SNS上の情報 などに触れたとき。 『悪い方に受け取る』 『馬鹿にされたと憤慨する』 『自分が責められていると解釈する』 などは悪運のシナリオ。 今、既に停滞しているか、 今後、停滞することになる流れ。 不運が訪れる凶兆です。
『ひねくれた自分という凶兆 ー余裕がないときは選択を間違えるー』の画像

食べるって、疲れること。 遊ぶのも学ぶのも、 体験も知識も食材も、 消化吸収って疲れます。 で、ゲッソリ疲れた状態で、 食べたり遊んだり学んだりすると、 消化不良で余計に負担がかかり、 なおさら疲れます。 吉を取ると癒されて、 凶を取ると疲れるのではないです
『健やかな消化吸収 ー吉凶全てを運の糧とするためにー』の画像

一白水星と六白金星の方。 今、先を読んで積極的に動かないと。 色んなことを後回しにし、 2022年に大きな決断と実行を、 することになってしまう流れ。 それってあまりお勧めできないタイミング。 2022年の転職・転居は凶時期。 『まあ、そのうち、できたらやるわ
『凶時期を避けるために ー一白水星と六白金星の方へー』の画像

↑このページのトップヘ