西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2021年10月

今、踏み出したその道が、 例え間違っていたとしても。 またその間違いに、 今すぐ気付くことができなかったとしても。 自分が信じた方へ進むしかない、 一白水星・四緑木星・七赤金星。 自分にできることをやるしかない、 二黒土星・五黄土星・八白土星。 心の感じ
『間違っていても進むべき道 ー自分の運を信じて吉ー』の画像

土用っぽいことが自分に起こらなくても、 周囲がギッタンバッコンすれば、 ちゃんと自分にも余波は来るもので。 自分が直接怒られなくても、 何かで怒っている人の近くにいたら、 まるで怒られたかのように消耗するもので。 無自覚に誰かの土用をもらい、 疲れてしまわ
『周囲に伝染する不安定 ーイライラは飛び火するー』の画像

髪は、定期的に切った方が良いです。 ボサボサの見た目はモテないから凶、 というだけの意味ではないです。 髪の放置は穢れの放置。 伸ばしている方は毛先を整えるだけでも。 最低でも3ヵ月に1度。 できれば信頼できる理美容師にお願いして。 そして、定期的な清
『お清めヘアカット ー人生の節目や季節の変わり目にー』の画像

土用とは不安定な季節の変わり目。 この不安定な流れの中では、 ★気づく ★見つかる ★思いつく ということがしばしばあります。 いつもの安定的な運気の中では、 死角や盲点になってしまっていることが、 パカッと開き、意識に飛び込んでくるからです。 つまり
『土用中の閃きを活かす秘訣 ーじっくりコトコト寝かせて吉ー』の画像

『神頼みしたところで願いなど叶わない』 と思ってる? だとしたら、もったいない。 それ半分正解で半分不正解。 正しくは。 『願いが叶う人と叶わない人がいる』 もしくは。 『神頼みによって願いを叶えるには条件がある』 つまり。 『条件を満たせば願い
『願いが叶う人と叶わない人 ーあるいは叶う願いと叶わぬ願いー』の画像

土用とは、季節の替わり目のこと。 大気が移行する更新時期。 季節の変わり目においては、 『自分を貫く』 ではなく、 『環境に適応する』 という柔軟性が求められます。 実際、春夏秋冬の豊かな日本では、 衣替えや模様替えなどで、 季節に寄り添う過ごし方
『土用中の運の調整方法 ー自然に適応する過ごし方ー』の画像

特殊能力者がお勧めするパワスポ。 そういうのをテレビや雑誌で見かけたとして。 実際に訪れても、 『へー、ふーん、ねー』 としか感じられないタイプの方は、 →好きなカフェ →楽しい場所 →綺麗な景色 に行った方が効果あります。 『これが良いのだきっと』
『本物のパワスポの見つけ方 ー自分にとって良いものを選んで吉ー』の画像

土用のたびに、 ★何かを買う ★何かを決める ★何かを始める というルーティーンを繰り返している方。 それって、決して良い流れではないです。 このblogを目にしたのを機に見直しましょう。 軌道修正の方法を以下にご紹介いたします。 何を問題とすべきか 土
『土用を軸とした中期計画の立て方』の画像

供養の本質は継続です。 細く長くを吉とします。 では、どれくらいの期間、 守り続ける必要があるのか? 永遠なんてない中で、 何年間の継続を吉とするのか? 西企画では、1つの目安として、 『三十三回忌の法要まで守れたら十分』 と考えます。 五十回忌や百
『供養はいつまで続けるべきか? ー弔い上げと供養の整理ー』の画像

↑このページのトップヘ