西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2021年07月

★必要な良縁 ★正しい方法 ★役立つ知識 どれも素晴らしい。 全部欲しい。 けれど。 初対面で、すぐにそれと分かることは、ほぼない。 後に結果としてそうと気づくのが、通常。 最初は、それを、 →不必要 →不正解 →不安定 と感じることさえあるもの。
『吉が楽とは限らない ー凶が苦とは限らないー』の画像

綺麗な桐の小箱が手に入りまして。 『何に使うのが良いかねえ』 何て話を3時休憩のときに会社にて。 『骨壺を入れるのにちょうど良いサイズじゃん』 なんてところから、供養の話に。 →うちの場合は順番的に欽也が最初だねえ →葬儀はどこに頼もうか、大人の関係性
『供養や財産の相続会議は良く晴れた日の3時のお茶会で』の画像

★協力:力を合わせ共同作業すること ★情報共有:関係者間で必要な知識を知らせ合うこと ★分担:責任と課題を適材適所に配分すること いずれも、六白金気のゆうき行動。 事業運や勝負運を上げる具体策。 家庭や会社などの組織は、 個人の仕事運だけでは機能しません
『事業運と勝負運の分かれ目 ー力を合わせる範囲設定ー』の画像

ゆうき行動とは。 運を上げる振る舞い。 道徳的な大人のマナーなどではなく。 運を動かす具体策としての動作・挙動。 やった分だけ前進する。 サボった分だけ停滞する。 2021年度の全体運を高めるのは、 六白金気のゆうき行動。 代表的なのは以下の3つ。 1.
『2021年度お勧めのゆうき行動 ー無理せず意識したいことー』の画像

※ご注文受付は2021年7月7日夜7時まで! ゆうきこよみ2022に、 様々な特典を組み合わせた、 先行予約だけの特別なセットを、 期間限定で販売します。 開始:2021年5月5日午後5時 終了:2021年7月7日午後7時 通常通りにお買い求めいただける、 一般発売は毎年9月9日です
『【販売終了!】ゆうきこよみ2022先行予約限定セット』の画像

東西南北という四正位はそれぞれ30度。 その間にある四隅位はそれぞれ60度。 四正と四隅を足して合計360度。 たまに、 『東と北東は何が違うの?』 『南が吉方位のときは南東も吉方位?』 『西が凶のときは北西も凶になる?』 などのご質問をいただくことがありま
『四隅位の方角 ー北東・南東・南西・北西の範囲ー』の画像

安心して旅に出かけることができるようになったなら。 吉方位へ出かけましょう。 今こそ吉方位旅行が必要です。 でも、そうすると、 『この時期に海外旅行とか無理』 『子育てもあるし旅行なんて』 『お金がないから遠出は難しい』 という思い浮かぶ方、少なくない
『“これから”の吉方位旅行ガイドライン@西企画』の画像

縁日・吉日とは。 『その日だけ頑張れば良い』 『その日にやれば何でも上手く行く』 『事前の準備や努力が不要なチートデイ』 なんて便利なタイミングではありません。 その日のみ張り切ったところで、 運の流れが良くなる、 なんて都合の良いチャンスはございません。
『当日ではなく前日までを楽しくするのが本当の吉日』の画像

↑このページのトップヘ