西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2021年02月

健康運に不安を抱えている人にとって、 『かかりつけの病院(医師)がある(いる)』 というのは大きなメリット。 それは、現実面における、 ・カルテのストックがある ・医師や看護士との信頼関係がある ・その医療環境に慣れている という安心感だけでなく、 運
『かかりつけのススメ ー方位を気にせず通える院ー』の画像

電車に乗った直後に、 忘れ物を思い出す。 お買い物した帰り道に、 もっと良い品物に出会う。 玄関を出た瞬間に、 火の元が不安になったり。 そういう、後の祭り的な、 残念な直感や縁ってあるでしょう。 同じ気づきや出会いなら、 『あと少し早く起こって欲しかっ
『タイミングの良し悪し ー時機を味方に付けるレシピー』の画像

▼自分発信の吉兆 1.【生活】朝寝てられず夜起きてられない。 2.【食事】体に良いものを食べたくなる。 3.【五感】草花が目に入り鳥の鳴き声が耳に入る。 4.【意識】雲や星など空を見上げたくなる。 5.【適応】さりげない人の善意や親切に気づく。 6.【運動】ス
『自分発信の吉兆と凶兆 ー自分から湧いて出る前触れー』の画像

自分にとって都合の良いとき、 もしくは悪いときにのみ、 運を意識する人を見かけます。 というか。 多くの人がそう。 みんな偏って意識してる。 自分の都合に合わせてる。 都合が良いときとは。 普段は、特に運を良くする努力をしないけれど、 →気が向いたと
『中途半端に気にしない ー全く知らないこともまた幸運ー』の画像

人の活動や成長や補給を、 促進してくれるのが運の良い家。 『綺麗にしよう!』 『大切にしたい!』 『過ごしていて気分が良い!』 と思わせてくれる家が、それ。 一方で。 人の怠惰や諦観や疲労を、 助長するようなのが運の悪い家。 『どうでもいいや』 『面倒く
『運の良い家と悪い家 ー専門知識に頼らず住居の吉凶を判断する方法ー』の画像

『どんなテストも満点じゃなくちゃダメ』 『競争は1位でなければ意味がない』 『縁は絶対一流とのみ付き合うこと』 上記のような感覚で暮らすのは凶です。 志としては素晴らしい。 目指すべき目標としても問題なし。 けれど。 それを条件や課題にしてしまうと、 運
『完璧を避けるべき3つの理由 ー満点は運を下げるー』の画像

屋内でも屋外でも、 暗い場所は陰気が集まりやすいです。 陰気が凶ではありませんが、 陰気は引気なため、 色んなものを引き寄せます。 その中には悪いものも含まれていて。 例えば埃やゴミ。 例えば湿気や臭い。 落ち込みや引きこもり。 害虫や壊れ物、不要物。
『陰気は引力 ー暗がりには穢れが集まり溜まるー』の画像

九気。 一白水気から九紫火気。 その影響から生まれる、九星。 一白水星から九紫火星。 気も星も構成要素は3つ。 1.漢数 2.色彩 3.五行 漢数+色彩+五行の組み合わせにより、 9種に分かれるのが九気であり九星。 ★漢数:一・二・三・四・五・六・七・八・
『九気・九星の漢数字に宿る運』の画像

方位と方角は似て非なるもの。 方角と方向も明確な違いがあって。 混同しがちだし、分かりにくい。 僕自身、言い間違ってしまうことも。 けれど、暦を利用する上では分別が必要。 以下に具体的な説明を。 ▼方位・方角・方向の分別 方位:方角の名称、東西南北を
『方位・方角・方向の分別 ー考え方の違いと棲み分けー』の画像

『暦の使い方が分からない』 『時期の吉凶とか言ってられない』 『方位とか運勢とか気にし始めるとキリがない』 というご意見、しばしばいただきます。 多くの場合、弊社のゆうきこよみではなく、 昔からある定番の運勢暦や、 別の専門家が作る別の暦を見て、 『暦って
『初めてゆうきこよみを手にした方へ ー暦を開く最初の手順ー』の画像

↑このページのトップヘ