西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2020年12月

九気的に考えると。 作法・礼儀とは七赤金気。 それは先方への敬意や思いやりを、 目に見えるように具現化したもの。 自分から相手へと示す、 『私は貴方様を大切に思っています』 という態度であり所作。 他人がどうこうではなく、 自分自身の言動の見直し方。
『七赤金気の礼儀作法 ー敬意の具現化の方法論ー』の画像

非現実的な制約や限定は、 人の運を消耗させ削ります。 僕は栄養学も教育も医療も、 全くの専門外ですが、 『痩せたいならリンゴ以外は食べてはいけない』 『東大以外の大学に入っても意味がない』 『常にマスクはしなければならない』 と聞いたら、その正誤より、 そ
『選ぶ答え以上に答えの選び方で運は良くも悪くもなる』の画像

★ゆうきこよみ2021 ★ゆうきこよみ2021卓上カレンダー をご購入の皆様へ。 2021年12月4日に公布された、 『東京オリンピック・パラリンピック特別措置法等の一部を改正する法律』 により、祝日が変更されました。 ★首相官邸ホームページ ★国立天文台:令和3
『【変更】2021年限定3つの祝日の移動に関して』の画像

『もう暦は買えないの?』 『まだ暦はありますか?』 『いつなら暦は買える?』 というお問い合わせをしばしばいただきます。 毎年、ゆうきこよみのスケジュールは、 きっちり定まっているのでご紹介します。 ▼ゆうきこよみ製作販売スケジュール ・1月1日:製作準備開
『ゆうきこよみの発売は毎年9月9日 ー春になってもまだあり〼ー』の画像

『厄年(やくどし)』 と聞いて、不安になりますか? そこで、ご自身が気になさっているのは、 →病気・怪我 →人間関係の乱れ →仕事の失敗 などのことですか? 『厄年の人には上記のような嫌なことが起こる』 ということですか? だから、不安になって、
『厄年には厄除けをすべきか ーそもそも厄年ってあるのかどうかー』の画像

★自動車 ★自転車 ★バイク など。 その種類や価格に関係なく。 『命を乗せる道具』 『死ぬかもしれない乗り物』 『殺すかもしれない移動手段』 というのは、その購入・利用において、 縁起を意識すべきだと考えます。 『運の吉凶を大切にしなければいけない』
『自動車・自転車・バイクのお清めの方法』の画像

ゆうきこよみは、 前年度からご活用いただけるように、 9月9日発売を設定し、 毎年元日から製作を始めています。 来年の運勢を、 来年になってから調べるのでは、 遅いのです。 雨が降ってから、 傘を買いに行くのでも良いけれど、 前日に天気予報を調べておければ、 傘
『運の流れに乗るための先読み ー焦点は翌日・翌月・翌年以降にー』の画像

転職とは。 天職に近づく手段。 また、今の業務や環境を天職へと変える調整方法。 天職のためには転職が必要。 一発で天職は選べない。 今の業務や環境がずっと天職なわけじゃない。 定期的な転職によって天職を選び天職を維持して吉。 転職を怠ると天職には就
『天職と転職 ー自分に合った生業を手に入れる方法ー』の画像

書記(手書きの文字)には、 一白水気の力が宿ると考えられます。 一白水気の力とは。 →思考力(考えをまとめる) →集中力(焦点を定める) →心情(心の内側の動き、真意) などのことです。 書くと、まとまる。 書くと、定まる。 書くと、見える。 これが
『書くことの効能 ー自分を取り戻す具体策ー』の画像

甲子の日という60日サイクル。 始まりと終わりと、やり直しに最適な吉日。 何となく前向き感の漂う、 ポップな幸運日としてのみ使うのでは、 もったいないし、活かしきれてないです。 60日前より素敵な自分でいるために。 60日後、素敵な自分であるために。 定期的
『甲子の日を活かして調整する自分サイクル』の画像

↑このページのトップヘ