西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2020年07月

みんな、凶が嫌いです。 吉が好きというより、凶が嫌いです。 その他の多くが吉だったとしても、 どこか一部が凶だったなら、 『幸先が悪い』 『縁起が良くない』 『少しでも凶なら凶だ』 と必要以上に落ち込みます。 自分では吉だと思っていたものを、 凶だと他人
『みんな凶が大嫌いで大好き ー吉より凶に割く気が多いのは凶ー』の画像

『会いに行くよ』 『会いに来てね』 が言えないとき。 『会えなくても大丈夫、なぜなら』 を示せてこその西企画だろうが。 そういう気持ちを持っています。 それを原動力に色々とやってきました。 振り返れば2018年。 九紫火気の年。 別離をテーマに設定し
『会えなくても大丈夫! ー距離の問題を解決する手段ー』の画像

運とか縁とか言うものは、 普段からずっと細かく、 意識し続けるべきものではありません。 それでは神経質になってしまうし、 血眼になって気にしていると、 逆に幸運も良縁も離れていくことが多いです。 ほら、欲望むき出しでガツガツしてると、 あまり好かれないもので
『運や縁との基本的な向き合い方 ー意識のスイッチングー』の画像

『これからどんな素敵なものを選ぶか?』 と、 『既に選んだものをどう素敵にするか?』 は同じくらい大切。 恋愛運の良し悪しは、その組み合わせ次第。 →素敵なものを選べない →選んだものを素敵にできない これじゃあ恋愛運は上がらない。 どんなパワスポ
『素敵なものを選ぶことと選んだものを素敵にすること』の画像

僕は天邪鬼な性格が災いし、 常にどこかで理屈をバカにしています。 そういう曲がった人間です。 ★マニュアル ★先生の教え ★伝統や格式 ★世間の常識 ★一般的正解 それらと触れたときは、 『世の中、教科書通りなら世話ないわ』 とか何とかブツブツ言いながら
『運を学ぶ利点と価値 ー教科書なんて割と早い段階で閉じて吉ー』の画像

お彼岸だもの。 お盆でしょうが。 命日ですよ。 だから。 先祖供養して吉。 という話をすると。 『◯◯だからお墓参りに行けない』 『△△のため帰省が難しい』 『□□のせいで供養ができない』 という反応、毎回あります。 まあとにかく、色んな理由があり
『先祖供養の見直しと更新 ー時期は変えずに方法を変えるー』の画像

『立ち止まらず進め』 それって別の言い方をすると。 立ち止まらないで済むような進み方を、 工夫・調整し、模索するべきってこと。 無理は禁物。 負担や重荷は中断に繋がる。 また。 『途中で諦めるな』 それって要するに。 最後まで続けられる方法を選ぶっ
『立ち止まらず続けるってこと ー無理するな!根性に頼るな!ー』の画像

吉方位の達人から未経験者まで。 全ての方に確認して欲しい西企画式。 何を優先すべきか。 どこに注意が必要か。 要点を以下に。 吉方位旅行の基本 ★いつ行くか? =暦で日程確認 ★どの方位に行くか? =暦で吉凶確認 ★それは具体的にどこか? =地図で地名確認
『吉方位旅行の基本・目的・秘訣・あるある』の画像

『今月は吉方位強化月間です』 『せっかくだから吉方位へ行きましょう』 『どうせなら吉方位はどう?』 と、吉方位旅行をお勧めした場合。 必ず聞く声。 →◯◯だから旅行なんて行くことができない →△△のためこの程度しか移動できない →□□により泊まりは難しい
『吉方位旅行に行けない理由は要らないし誰かや何かと比べる必要もない』の画像

↑このページのトップヘ