西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2019年06月

時代が変わる節目において、 その荒波を乗りこなすのに必要なのは、 強固な意志ではありません。 軽やかな機動力。 適応する柔軟性。 慣れまで諦めない根気。 そんな、小さな力こそ必要です。 馬力があって力持ちなだけでは、 変化と戦えません。 どんなに最高速度が
『変化・進化に必要なのは強固な意志ではなく柔軟な軽やかさ』の画像

西企画が毎年発行している、 『ゆうきこよみ』 には、各月の過ごし方の目安として、 1.助走 2.繁忙 3.休息 の3つの運勢を掲載しています。 自然の流れ(勢い)は一定ではない、 という考え方を踏まえて、 その強弱に合わせて、 助走→繁忙→休息→助走
『暦に書いてある運勢と自分の現実がズレたときの対処法』の画像

起きることができないときは、 良く眠って吉。 無理に起きることなど考えず、 とにかく良く眠ることに専念して吉。 しっかり眠ったら、そのあとは、 いやでも起きずにはいられません。 起きられないのは眠っていないから。 眠りもせずに起きようとするから。 就寝
『陽より先に陰を整える ーその反対側にある停滞を解きほぐす対処ー』の画像

良いものを良いと感じる。 悪いものを悪いと感じる。 そんな風に違いが分かるのは、 感性が機能している証だから、 『べつにふつー』 『どうでもいい』 『なんとも思わない』 より吉。 けれど。 それを発信するときには注意が必要。 言い方や言う場所、 言うタ
『伝えたいなら『良い』は間接で『悪い』は直接で』の画像

運の吉凶を基本に考えると、 『べつに(興味がない)』 『ふつー(なんとも思わない)』 『どっちでもいい(どうでもいい)』 というのは不自然なことで。 縁も仕事も衣服も、 『何を選んだとしても一切影響変わらず』 という状況は考えにくくて。 理論上、全て
『どっちでも良いことなんてない ー日常の選択の重要性ー』の画像

人生における節目。 または分岐点。 時代の転換期。 そういう特別なターニングポイントでは、 変わることを求められ、 変えることで前に進めます。 でもそこで、 『何を変えると良いのか』 『どこを変えるべきか』 『どう変えたら正解か』 などという、 実は誰に
『まず歯ブラシより始めよ ー運を変えるはじめの一歩ー』の画像

2019年という今、過去を振り返って。 2018年はどういう運勢だったか。 そこを基準にすることで、 起こるべくして起こったことや、 どうあがいても止められなかったことなど、 確認することができるはずです。 ご自身の1年はどうだったか、 以下の要点をヒント
『答え合わせ占い2018 ー今、去年を振り返ってー』の画像

2019年の変化という運勢を、 気候(空模様)に当てはめると。 ★2019年の気候 →不安定なお天気 →読みにくい空模様 →山の天気は変わりやすい →女心と秋の空 →雨のち晴れのち曇りのち雹 という感じになります。 寒暖差は増し、 三寒四温も派手になります。
『2019年の気候 ー不安定なお天気への対策ー』の画像

2019年という変化の年において、 『変わろうとしない頑固さ』 みたいなものは、 自分の成長や時代への適応を阻害する、 足かせになってしまいます。 また、悪影響はそれだけに留まらず、 変わっていく周囲との摩擦や、 変わろうとする努力家への迷惑にもなり得ます
『本当に怖いのは変わらない自分より変わろうとする他人を邪魔する自分』の画像

↑このページのトップヘ