西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2019年01月

運を気にしてお墓を焦る必要はありません。 『運が悪くなってしまうから』 という理由で、焦ってお墓を探さなくて良いです。 『運が悪くなっちゃうよ!』 という誰かの助言を真に受け、 無理にお墓を作るのは誤解です。 自然の摂理を根拠に考えると。 墓地の貸
『お墓がなくても運は悪くならない ー墓に無理な期限は不要ー』の画像

人の実力を、 ★不調 ★疲労 ★混乱 の最中に判断しようとすると間違えます。 人の性格を、 ★失敗 ★喧嘩 ★興奮 の時に判断しようとするのも危険です。 人には持って生まれた性格があり、 かつ長所と短所が備わっているのは確か。 けれど。 不調時における
『不調時の言動を見て人の本性を見抜いた気になるのは凶』の画像

リスクは人によって違う。 状況や目的によっても変わる。 何が危険となるかは、全員共通とは限らない。 大人と子供では条件を変えるべき。 男と女を同じように扱うのはどちらにとっても不都合。 ここまでは、みんな、当然知ってる。 だから、様々な工夫や対策を
『全ての人に当てはまる吉凶マニュアルなんてない』の画像

お仏壇が必要になった場合。 特に買い替えではなく、 初めての購入の場合。 もう時代は変わったので、 そしてこれから更に変わっていくので、 既存の常識は一度棚上げして吉。 大きい仏壇じゃなくて問題なし。 ネットで買っても不謹慎ではありません。 昔の人と同じで
『お仏壇の購入 ー適度に運を意識した計画の立て方ー』の画像

今日から新しい月と、 新しい運勢が始まりました。 2018年1月は、 本年度最後の繁忙期です。 ★先を読む ★人生設計を見直す ★これから必要になることを学ぶ ★未来に役立つことを始める ★10年後を見据えた方向性を定める それが2018年の運勢の課題です。
『2019年1月の運勢 ー本年度最後の繁忙期ー』の画像

暦の上では今日が12月の最終日。 師走は終わり、明日から1月。 1月は2018年度最後の繁忙期であり、 17日からは土用も待っているので、 その過ごし方は重要。 けれどその前に。 この12月をしっかり過ごせたか確認。 もしも足りないものがあるならば、
『2018年12月を振り返って ーペース配分が難しかった師走ー』の画像

運を変えたいとして。 または、すでに運が変わったとして。 多くの方は、 『望み通りの変化』 を吉と思うもの。 また、それは決して間違いじゃない。 けれど。 予定通りの想定内な結果より、 思わぬ意外な状況からの、 当初の思惑とは異なる展開の方が、 実は
『本来の変化とは常に想定外 ー運は思い通りに動かないものー』の画像

『いま欲しいものある?』 と問われたとき。 答えられる要望はありますか? 『どこか行きたい場所は?』 と問われ、浮かぶ街や国はありますか? 『死ぬ前にやっておきたいことは?』 という質問に対し、ワクワク答えられますか? ★今あるもので十分 ★新しい
『目指しがいのある未来 ー嬉しい先の予定創りー』の画像

『ことわざ』 『故事成語』 『四字熟語』 というのは、その多くが運と繋がっていて。 だからなのか、自分が暦を読み解き、 運勢を文章へと置き換える際にも、 ★急がば回れ ★二度あることは三度ある ★能ある鷹は爪を隠す ★初志貫徹 ★独立自尊 などが登場すること
『ことわざに秘められた幸運と良縁の具体策』の画像

2019年 元旦。 もう6年連続で、澄み渡る青空。 今年も綺麗な初日の出を、 撮影することができました。 用いた機材はiPhone7。 @群馬県桐生市錦桜橋。 ちなみに過去の初日の出はこちら。 ★2018年 ★2017年 ★2016年 ★2015年 ★2014
『初日の出2019』の画像

↑このページのトップヘ