西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2019年01月

季節の変わり目、土用シーズン。 春夏秋冬の間にあって、 次の体制へと移行するための更新時期。 大気の変動が激しくなり、 それに従って人の心も体も魂も、 不安定になる注意の期間。 ★ストレスが爆発しやすい ★疲れが溜まりやすく抜けにくい ★感情の浮き沈みが起
『土用中の食事 ー旬による栄養補給ー』の画像

建築の際は、 『どうやったら掃除が楽か』 を基準にして間取りを考え設計すること。 それで自然と家相も整います 賃貸物件選びの際は、 『この家は掃除をしやすいかどうか?』 を優先順位の上位に上げること。 それで自然と、良い家相の家を選べます。 今、
『掃除が持つ清掃以外の3つの家相的効能』の画像

吉方位旅行計画を立てるとき。 『なかなか遠くには行けなくて』 『泊まりの旅行は難しくて』 『贅沢な旅は予算がなくて』 という不安を持つ方を、時々お見かけします。 おそらく、 ★遠くへ行けなかったら意味がない ★宿泊できない旅行だと効能が少ない ★しっかり
『近距離移動・短期滞在・低予算の吉方位旅行で運を上げる条件』の画像

季節の変り目。 それが通常の土用。 3カ月に1度、 年に4回ある不安定な時期。 ただ、同じ土用でも、 旧年から新年の変り目にやってくる、 立春前の冬の土用は一味違います。 通常よりも浮き沈みの作用が強いです。 特別な土用 月の流れが変わり、 季節の流れが変
『歳替わりの土用の怖さ ー月と季節と年の変わり目ー』の画像

明日から、本年度最後の、 季節の変わり目が始まります。 いわゆるひとつの、土用(どよう)です。 土用って何? 鰻を食べる日? 鰻パイじゃダメ? という方は、お時間のあるときに、 以下の様々なエントリーを。 ★土用のまとめ 立春前、冬の土用は、 ★開始:
『2019年1月の土用警報 ー早合点・先走り・火事に注意ー』の画像

運の知識とは、 『どちらを選ぶこともできるけれど、 どちらを選ぶかは決め手に欠ける』 というときや、 『どちらも避けることができるけれど、 どちらかは選ぶ必要がある』 というときに役に立ちます。 選択の余地が残されていて、 かつ自らにその選択権があると
『未来を曇らせる不安のベール ー凶を苦にすることによる凶作用ー』の画像

2019年1月13日(日)。 毎年恒例、地域の火祭り。 どんど焼き。 前年の穢れを火の力で払い、 また新年の無病息災を願う、 お清めの儀式。 ちなみに、毎年レポートしている、 過去のどんど焼き風景はこちら。 ★どんど焼き2010レポート ★どんど焼き2011
『どんど焼き2019レポート』の画像

疲れている人の近くで過ごしていると、 自分も疲れることになります。 切れない包丁でお料理をしていると、 効率も味も落ちるし、何より自分が疲れます。 ★処理速度の落ちたパソコン ★摩耗・劣化した衣服 ★腐敗・堕落した組織 どれも、人を疲れさせるものです。
『疲れが呼ぶ疲れ ー疲れたものは人を疲れさせるー』の画像

心・体・魂が疲れ、 運が固まり停滞したときは。 二度寝をお勧めします。 あえて二度寝をするために、 早めに目覚ましをかける、 なんてのは癒しの演出です。 いつも通りの時間に起きてから、 『ダメだ!疲れてる!』 『今日はもう閉店!』 『あれもこれも後回し!』
『ニドネのススメ ー緩めるための癒しの睡眠ー』の画像

↑このページのトップヘ