西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年10月

僕が用いる方位の吉凶鑑定は、 生まれた年月日時で決まる【星】と、 九気の配列で決まる【暦】を基礎とします。 【星】は年月日時それぞれに、 一白水星から九紫火星までの、 いずれかが備わります。 【暦】における九気の配列は、 毎年、毎月、毎日、毎時変動します。
『方位の吉凶鑑定方法の諸説 ー星と暦と組み合わせー』の画像

『お墓参りって面倒臭い』 『仏壇を守るのって大変』 『法要とか宗派とか難しい』 って言う人。 もしくは、そう感じている人。 誰から先祖供養の方法を学んだのでしょう。 または誰を見習っているのでしょう。 どれも誤解です。 また、それが誤解ではなく、 実際
『供養のリデザイン ー見直し改めるべき仏壇や墓ー』の画像

良い家庭を築くためには、 良い家と良い庭を手に入れる必要がある、 と考えられます。 家とは、住居という建築物。 庭とは、敷地という土地。 では。 良い家と良い庭を手に入れるために、 どんな運が必要になるのか? に関して。 八白土気と二黒土気 賃貸及び購入
『不動産を手に入れるためのエネルギー補給』の画像

吉や凶を最優先するために、 無理をしたり、迷惑をかけたり。 その結果、自分が後で辛くなる。 または、周囲を困らせることになる。 この、無理や迷惑によるしわ寄せは、 意外に大きくかつ長引くもので。 例え、それで確かに吉を選び、 凶を避けることができたとして
『無理や迷惑のしわ寄せ ー計上すべき運の損益ー』の画像

日本と言えばフジヤマ。 海外からのイメージだけでなく、 日本人にとっても馴染み深い、 山・国の代名詞。 あの壮大な存在感は、確かに圧倒的。 地元の人にとっては、 毎日見慣れている景色かもしれませんが、 客観的に見て、大きなエネルギーでしょう。 昔から富士
『富士山というパワースポット ー六白金気と八白土気の象徴ー』の画像

『運が良くなることをするのは、吉なのだから楽』 『運が悪くなることをするのは、凶なのだから苦』 というのは大きな誤解。 例えば。 吉時期の転居は邪魔が入る。 凶時期の転居はトントン拍子。 また例えば。 吉方位へ行くのは近場でも大変。 凶方位へ行くのは海
『吉は乗り越えて得られるもの ー凶は流されず避けるものー』の画像

縁とは広いより長いを吉とする。 これは、人間関係の運に最も強く影響する、 四緑木気という気の性質を活かす上で、 欠かすことのできない基本です。 理想は、広くて長い縁がベスト。 広い世間関係の中、多くの人と、 長くご縁を続けることができたら、 それこそが目指
『縁を切らないということ ー縁は広いより長いが吉ー』の画像

今日から新しい月と、 新しい運勢が始まりました。 本年度3回目の繁忙期。 運が動く慌ただしいときであり、 運を動かすために忙しくしたいとき。 2018年10月8日から、 11月6日の期間は、 公私共に充実させたい頑張り所です。 10月は、本年度4回ある繁
『2018年10月の運勢 ー下半期最初の繁忙期ー』の画像

今日で助走の9月は終了。 明日からは、今年下半期における、 最初の繁忙期が始まります。 その前に。 今月の出来事の意味と、 終わらせておくべき課題を、 振り返り確認しておきましょう。 9月は止まっていた運が、 再び動き始めるきっかけが、 いくつも起こる月で
『2018年9月を振り返って ー帳尻合わせの1ヵ月ー』の画像

大金持ちは、意外に、 お金を使おうとしないもの。 正当な理由がない限り、 財布の紐はガッチガチ。 消費には、根拠が必要。 投資に対し、自分なりの信念あり。 お金を使うときは、ルールがある。 一方で。 貧乏人は、意外に、 気前良く、自由奔放。 人が良くて、
『貧乏人の悪い癖 ー金運向上に必要な3つの秘訣ー』の画像

↑このページのトップヘ