西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年07月

春に買うお財布は『張る』だから吉。 秋に買うと『空き(飽き)』だから凶。 北東は丑寅という方位で、 牛の角を生やしトラ皮パンツを履いた、 怖い鬼が居座っている場所だから要注意。 でも家の鬼門に梨の木を植えると、 鬼門がナシになるから大丈夫。 櫛を贈るのは苦
『語呂合わせで決まる運 ーセンスのないダジャレに縛られるなー』の画像

明日から土用が始まります。 2018年7月20日から8月6日は、 本年度、最も不安定な作用が強く、 最も警戒すべき期間です。 この季節の変わり目は、 運の変わり目でもあります。 良い方にも悪い方にも、 どちらにも振り幅大きく作用し、 僕たちの心身を疲れさせ
『2018年7月の土用警報 ー炎上・延焼・炎症に注意!ー』の画像

この人は運が良いな、 またはこれから良くなるだろうな、 と感じるご相談やご質問の典型例を、 以下に3つ。 『AとBの2つの選択肢の間で迷っている。どっちがより良い?』 自分の中で、選択肢・可能性の吟味は済んでいる。 全部を他人に丸投げするのではなく、 でき
『運が良い人から届く運の良い相談・質問例3選』の画像

この人は停滞気味だな、 もしくはこれから停滞しそうだな、 と心配になるご相談やご質問の典型例を、 以下に3つ。 『(とにかく話が長くてその後)どうしたらいい?どれにしたらいい?』 自分の人生における、 自分の選択に関して、 その不安や疑問を、 ただ外へ発散し
『運の悪い人から届く運の悪い相談・質問例3選』の画像

生きるということは、 自分の生き方を育てるということ。 ただ生きているのでも良いけれど、 自分の生き方が分かり、 自分の生き方で生きることができると、 交際も仕事も学習も、楽になる。 この生き方というやつは、 九星学により、ある程度、 傾向と対策を知ることが
『星ごとに必要な生き方 ー九星別の傾向と対策ー』の画像

★窓 ★個室 ★収納 という3つの設備に関して。 どれも、その家の“売り”になり得る、 購入者にとっても重要な見所。 『どれもいっぱいあります!素敵な家でしょ!』 というハウスメーカーからの提案、 しばしば見かけます。 それ、実は危険です。 あまり真に受
『窓と個室と収納の落とし穴 ーあれば良いってもんじゃないー』の画像

こよみを読み解こうと思ったら、 過去・現在・未来の連続が、 確かに繋がっているという感覚が必要。 それを常に意識していないと、 見落としや見間違えが増えます。 読むだけなら読めるけれど、 ヒントが見つかりにくくなります。 過去と現在と未来が、 断片的に散在
『過去・現在・未来の連続性 ー繋がる流れとして運を把握するー』の画像

吉方位旅行は、多くの人が、 晴れを望むものです。 その方が、制約が減るし、 なにより気分が良いから。 けれど実際には、雨なら雨なりに、 雷なら雷なりに、意味があるのが、 吉方位というやつで。 その時々の偶然の必然を楽しんで吉。 一方。 雨の吉方位にて、お
『雨の日のお水取りにおける湧水の条件』の画像

弊社にて、 『ダルマの目入れに最適な吉日』 とご提案しているのは、 立春の後の最初の甲子の日です。 365日ある中で、それが一番です。 ただし、それだけが唯一の正解ではありません。 別の候補もいっぱいあります。 色々な吉日がある中で、 1つ選べと言わ
『最高の吉日を逃した方へ ー暦は巡り繰り返すものー』の画像

吉方位旅行とは、 運の栄養補給みたいなものです。 僕達は、体が力を消費し、 余力がなくなってくると、脳を通して、 『お腹が空く』 というメッセージを受け、 食事を取りたくなり、 物を食べてエネルギーを補充します。 けれど、運というカロリーが不足した場合、
『吉方位旅行による停滞からの脱出』の画像

↑このページのトップヘ