西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年05月

運を軸に考えたとき。 良い選択とは、 ★人気のあるもの ★流行りのもの ★質の良いもの ★評価の高いもの ★見た目が良いもの を選ぶことではなくて。 『自分にピッタリな縁や場所や役割』 を手に入れることこそ、吉とします。 では、何が自分に合うのか? どれ
『九星別『自分にピッタリのもの』の見つけ方』の画像

方位を盲信するのは不自然。 方位を拒絶するのも違和感。 どちらでもない自分らしい運用。 それが方位を活かすということ。 運を良くする手段として 吉方位に行くことだけが、 運を良くする手段じゃない。 ★好きな人と一緒に過ごす ★素敵な音楽を聴く ★美味し
『たかが方位されど方位 ー縛られるでも無視するでもなくー』の画像

僕たちは、これといって、 特殊な才能や能力がなくても、 寒くなってくれば、 『あ、冬だな』 と感じて、暖房に火を入れたり、 毛布を引っ張り出してきたりすることができます。 また、暖かくなってくれば、 誰からも教わることなく、 『あ、春だな』 と思ってコー
『運を読むのは誰でもできる ーでもそれだけじゃダメみたいー』の画像

自分の星の素敵なところだけでなく、 危なっかしさや苦手分野や、 悪い癖を知っておくこと、 かなり大事です。 注意するためにではなく、 そういう自分で生きるために。 個性派の不満足 生来の個性派である、 一白水星・四緑木星・七赤金星は、 完璧主義の傾向大。 自
『九星がそれぞれに持つ悪運のシナリオとハマったときの対処法』の画像

西企画でご提案する九星学では、 生まれ年で決まる、 『本命星(ほんめいせい)』 を、吉凶鑑定や性格診断の基準にします。 また、本命星を根拠に、 当人の運を推測する際は、 一白水星から九紫火星まで、 9種類の特色をご紹介する前に、 ★一白水星・四緑木星・七
『本命星の3系統 ーざっくりとした特色の把握ー』の画像

こよみがあるから選べるんじゃない。 選べた人こそ、こよみを活かせる。 この意思決定の順序というか、 運と向き合う感覚は、とても重要。 少なくとも。 こよみがなくても、人は未来を目指せる。 『こよみがなくちゃ生きていけない』 という人は、 例えこよみが
『運と向き合う順序 ー先ず自分、次に暦、そして実行ー』の画像

『居酒屋に行ったら常に枝豆!』 『今、食べたいものだけを食べたい!』 『ハウス栽培の野菜の方が綺麗で好き!』 『流行のメニューの方がオシャレっぽい!』 『虫がついた野菜は汚いし気持ち悪いから嫌!』 などなど。 食という分野は通常以上に、 『個々の好み』
『運を軸とした食選びの基準 ー不調な自分を疑って吉ー』の画像

人間関係の難しさを、最終的に、 ★相性の良し悪し ★縁の有無 ★運勢の強弱 などと結び付け、それを落とし所に、 『これで良かったんだ』 『あれは必要だったんだ』 『それも仕方のないこと』 と納得するのは、ありです。 運の知識の使い方として、 健全であり正
『運だの縁だのを理由にいきなり人をあきらめないで吉』の画像

方位を利用する際、 最も重要な選択の目安に、 効能があります。 ★八方位の効能 北:家庭運・集中力 南西:仕事運・持続力 東:発展運・推進力 南東:交際運・社交力 北西:勝負運・機動力 西:金運・計算力 北東:財産運・打開力 南:名誉運・直感力 吉方位で利用すれば
『本命の方位 ー自分らしさの運の補給ー』の画像

緊張と固定と密着は一白水気。 一白水気の年や月は、 ★緊張しやすくなる ★物事が良くも悪くも固まる ★人と人、人と物との距離が近づく という運勢です。 一方で。 弛緩と分散と分離は九紫火気。 九紫火気の年や月は、 ★弛緩しやすくなる ★物事が良くも悪
『交互に押し寄せる一白水気と九紫火気の波』の画像

↑このページのトップヘ