西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年03月

明日、雨が降ると分かっている場合。 今日、どんなに晴れていたとしても、 みんな、傘の準備をするでしょう。 また、今、雨が降っているなら、 家を出る前に傘を持つでしょう。 外へ出て濡れてから、 『うん、確かに雨だな、傘はどこだ』 と家に取りに戻る人は少な
『こよみをよむということ ー次の流れの先読みー』の画像

人間関係の難しさにつまずいたとき。 お互いの価値観の不一致が、 不具合の原因となりやすいのが、 一白水星・四緑木星・七赤金星という個性派。 ところで。 個性派とは、個性的な価値観の持ち主のこと。 そんな個性派の星と、 同じ価値観を持つ人なんて、 良くも悪
『人間関係の難しさにつまずいたとき ー九星別の縁の注意事項ー』の画像

住環境の運の話。 住んでいる土地や、 その建物の良し悪しではなく、 『場との相性』 というのがあります。 土地は最高。 建物も大吉。 でも場が自分に合わない。 という場合があるのです。 地相と家相に問題がなくとも、 場が合わなければ運は乱れます。 例え
『住まい選びの点検項目 ー運に関わる重要な見所ー』の画像

『刺す・刺さる』 は2018年の運勢。 九紫火気の作用です。 良くも悪くも先鋭なものの、 突き通す力に運が動かされる年。 ★手や足に棘が刺さる ★魚の小骨が喉に刺さる ★衣服に鋭いものが引っかかり穴があく など、先鋭によるトラブルには気をつけて。 万一
『2018年の運勢 ー先が尖ったものに注目ー』の画像

腕時計を身につけると、 体内時間が狂ってしまう、 という話を聴いたことがあります。 時計の上で正確に刻まれる、 24時間という世界のシステムと、 自然における人の生命の営みは、 ピッタリ同じではないから。 というのがその理由とのこと。 より具体的に言うと。
『時計が与える運への影響 ー時差のしわ寄せに気をつけてー』の画像

クリスマスとは、運に関わる、 大切なイベントの1つです。 だから、弊社のこよみにも掲載してあります。 それもまた、自然の運行の1部ということです。 『そんなのは西洋の風習だ』 『信仰のない人が浮ついてもはしたないだけ』 『世の商売に乗せられてお金の無駄遣い
『こよみは育つ ー時代を取り込み成長する参考書ー』の画像

出世運の話。 偉くなれば偉くなるほど、 実は偉くなくなる。 お山の大将でいられる内は良いけれど、 その上を目指すとなると、 自分より偉い人が増えて、 どんどん自分の偉さは薄れていく。 出世すればするほど、実は下っ端になる。 階級や地位が上がるのに合わせて
『出世運とその原動力 ー主に求められる心構えー』の画像

『凶時期の転職だ、どうしよう!?』 『凶方位の転居だ、どうしたらいい!?』 『あの先生からこう言われた、大変だ!』 『この大御所の本に、そう書いてあった、やばい!』 『ああしなければ!こうしてはいけない!』 などなど。 本来ならば、吉凶を知ることで安心し、
『占いを受ける条件と占いを与える資格』の画像

5
お墓参りは、一般的には、 ★日本の伝統 ★大切な文化 ★大人の常識 という感覚で、 馴染みある年中行事でしょう。 それはそれで吉。 それとは別に、運においても、 重要な意義と価値があると考えられます 具体的には。 ★お墓参りの代表的な作用 1.先天運の向
『お墓参りの効能 ー行けない理由を乗り越えてー』の画像

楽に、簡単に、安価に、 もしくはタダ(棚ぼた)で手に入るものは、 運の質としては、 『その程度(またはそれ以下)』 のことが多いです。 高ければ良いというわけではありません。 幸運の現れ方の1つとして、 他人から無償で後援してもらえることはあるし、 通常
『タダで手に入れたものに宿る運の価値はタダ以下』の画像

↑このページのトップヘ