西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年02月

『この吉方位に行くと、どんな運が良くなるの?』 『あの凶方位に行くと、どんな悪影響があるの?』 上記の2つは、色々な方から、 色々な場所で、ご質問いただきます。 その都度、個別にご対応していたのですが、 それだといつの間にか、 話が細かく具体的になってしま
『方位の作用2018 ーどこにどんな運があるかー』の画像

『好きなもの』と『必要なもの』。 その2つは、似て非なるもの。 異なる運を持つ別物だと考えられます。 好きなものと必要なものが、 一致することはあります。 けれど。 不必要なものを好きになる場合もあります。 必要だけれど好きになれないこともあります。
『『好き』を辿れば『必要』が手に入る特別な機会』の画像

お箸を持ち歩いています、常に。 特にエコな意図はなく、 それよりは運を取り扱う者として、 ラッキーアイテム的感覚の方が強いです。 あえて運とは関係ない理由を挙げるとしたら。 安物の輸入割り箸は、 漂白剤や消毒薬が、 特に断りもなく当たり前のように、 使われ
『携帯する箸のススメ ー良縁を引き寄せるラッキーアイテムー』の画像

『良い意味で』 と最後に付け加えれば、 大抵の表現は許される。 というテクニックの存在を、 聞いたことがあります。 今回は、そんな大人の社交術を使い、 三碧木星の素顔に関して、 ご紹介しようと思います。 一白水星から九紫火星まで、 様々な星の特色がある中で
『三碧木星の素顔 ー実は意外にすごく弱い星、良い意味でー』の画像

縁という運は、 生まれる前から繋がっていて、 死んだ後も繋がり続けます。 因縁というのは、 時空間を超えて結ばれる、 1本の糸のようなものです。 繋がっている縁が、 切れることはありません。 また、因果のない縁が、 途中でくっつくこともありません。 繋がり
『出会いと別れの仕組み ー縁は距離によって決まるものー』の画像

方位とは、吉方位も凶方位も、 行ってから効能が出るまでに、 大きな時間差があります。 利用してから効くまでのタイムラグは年単位。 潜伏期間としてはかなり長いです。 『すぐに効能が現れる方位がある』 『他より効能が遅い方位もある』 などの意見を持つ専門家
『方位は遅効性 ー行ってすぐ効く作用などないー』の画像

『凶』という考え方には、 色々な種類があります。 何をもって凶とするのか? その判断基準には、 多くの主義主張があります。 そしてその数と同じだけの系統が、 いくつもその下に繋がり、 枝分かれしていくことになります。 例えば。 1.東洋系 2.西洋系 3.
『凶の系統 ー全てに手を出すと縛られるー』の画像

恋人や伴侶とのお出かけに、 方位を意識して場所を選ぶ場合。 なかなか、 『どっちにも共通の吉方位』 って見つからないもので。 また、見つかったとしても、 デートに向かないような土地だったりして。 さて、そこでどうすべきか、 という、なかなかリアルなFA
『【FAQ】デートの方位の選び方は?』の画像

月に1度、大人の癒しイベントです。 木火土金水 『自然の力を上手に活かしていきましょう』 という主旨で、 毎回、異なる様々な具体策を、 軽やかにご提案しています。 今回のテーマは、 『春の料理講座&2018年の幸運食』 です。 ★木火土金水 日程:2018
『【告知】2018年3月の木火土金水 ー春の料理と幸運食ー』の画像

運の知識を活かして転居の鑑定をするとき。 基本的な吉凶の見所は以下の3つ。 1.時期の吉凶 2.方位の吉凶 3.家相の吉凶 上記の順序は、運を調べる順序でもあります。 優先順位と言っても良いです。 まず時期。 次に方位。 更に家相。 例えば。 運の良い
『転居における時期と方位と家相の吉凶組み合わせ順位』の画像

↑このページのトップヘ