西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2018年01月

弊社が製作する暦の中で、 主役となるのは日付でも曜日でも、 大安仏滅でもなく、盤です。 『盤(ばん)』 とは、九気の運行を、 目で見て確認するための図形です。 八角形の枠の中に、 一から九の漢数字が並んでいます。 盤に記される漢数字は、 9種の気を略したも
『こよみをよむということ ー盤で九気を調べるためにー』の画像

西企画の定番として毎年発行している、 1.こよみ(運勢手帳) 2.カレンダー(卓上) とは別に少数限定で製作している、 オーディオブックのご紹介です。 新春開運講座2018の、 各会場にて販売をしたので、 すでにご存知の方も多いはず。 2018きくこよみ
『【告知】2018きくこよみ ー聴いて感じる自然の流れー』の画像

土用とは、季節の変わり目。 季節の替わり目は、不安定な時期。 不安定な時期は、いつも通りには物事が進まない。 いつも通りに物事が進まないときは、 何事も慎重さが求められる。 だから。 自分にとって、本当に大切なことは、 余計な心配をしなくて済む、 土用
『土用前の悪あがき ー案外できることはあるー』の画像

僕が担当する対面鑑定のご予約は、 基本的に、僕が直接やり取りをし、 何をどうしていくか、その都度、決めています。 ご紹介者様がいれば話は別ですが、 通常は、弊社スタッフでさえ間に入れません。 その結果、ご依頼の内容に合わせた、 きめ細かなご対応ができている
『西敏央の対面鑑定 ーご予約に必要な5つの見所ー』の画像

吉方位計画を立てる際際、 1年12ヵ月という期間の中で、 複数の方位の選択肢があったとき。 つまり。 幸いなことに、いくつもの吉方位があり、 どこに行くべきか迷ってしまった場合。 ★吉方位の選び方 1.行きたいスポットがある方位を選ぶ 2.欲しいエネルギー
『吉方位の選び方 ー複数の選択肢に迷ったときー』の画像

星には9種の分別がある中で、本命星が、 ★二黒土星 ★五黄土星 ★八白土星 の方は、大器晩成型。 還暦を迎える頃に、 本来の自分らしさにたどり着き、 本当のマイペースを手に入れる運勢。 それまでは、転んだり疲れたり、 借金を返したりしながら、肌感覚で、
『土星という存在の特色と価値』の画像

長く運の知識と向き合っていると、 興味や好奇心は移ろうもので。 『今、地相が熱い』 『やっぱこれからの時代は月命星理論でしょう』 『さすがにもう、方位学の話は飽きたなあ』 なんて風に。 あとは一周回って、 『今こそ陰陽学だ!』 とか、基本中の基本に立ち
『自ら未来を手に入れるための運の知識の活用』の画像

成功や正解は、 そこにいたるまでの過程も、 全部ひっくるめての成功・正解です。 運の世界では、この、 『一連の流れ』 を重視します。 運勢を正確に読み解くには、 その時その場だけに注目するのではなく、 その前やその後も見る必要があります。 自分にとって都
『成功に必要な失敗や正解のための間違いは共に吉』の画像

土用のたびに、 ★何かを買う ★何かを決める ★何かを始める というルーティーンを繰り返している方。 それって、決して良い流れではないです。 ちなみに。 買ってしまったことや、決めてしまったこと、 また始めてしまったことの1つや2つで、 大きく運が下が
『土用を起点とした中期計画の立て方』の画像

↑このページのトップヘ