西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2017年11月

運は見えないものより、 見えるものの方が多い。 というのが僕の持論です。 見えないんじゃなくて、 みんなそれを運だと気づいていないだけ。 見所を知り、見方を学べば、 誰にでも運を見つけることができます。 特にスピリチュアルな才能に、 恵まれていなかったと
『お金という見える運 ーまたはお金の使い方から見える運ー』の画像

吉方位旅行の計画を立てる際、 その効能を高める具体策として、 是非組み込んで欲しいのが、温泉入浴です。 吉方位の範囲内で、 由緒正しい温泉地を探し、 ゆっくり心身を温めて吉。 ただし。 選んだ温泉施設が、 『うちのお風呂は温泉!』 と看板を掲げていたと
『吉方位旅行で目指すべき理想の温泉3か条』の画像

吉方位旅行と言えば、 スパ・グルメ・ショッピング。 僕にとっての定番です。 ★スパ:温泉 ★グルメ:地の物 ★ショッピング:自分へのお土産 この3つはどれも効能促進剤。 その際、理想の温泉は、 自家源泉掛け流しであること。 また、新しい温泉施設より、 古
『いつかは吉方位旅行で行きたい厳選温泉地一覧』の画像

『ひきこもり』とは、 1.引き篭る人 2.引き篭れる場所 3.引き篭らせる協力者 この3つが条件であり、 全てが揃ってこそ可能になります。 どれが欠けても成立しにくいものでしょう。 だから、引きこもる人ばかりに注目し、 改善を求めても問題は解決しないで
『『ひきこもり』が起こる3つの条件と対処方法』の画像

吉方位旅行において、 最も重要なのは、 移動距離より滞在期間です。 これは、ブログでも講座でも、 繰り返しお伝えしている持論です。 距離はどうでも良い、 と言いたいわけではありません。 どれだけ遠くへ出かけたかも、 確かに大切ではあります。 けれどそれよ
『吉方位旅行において最も重要なのは滞在期間の充実』の画像

クリスマスの日。 カフェレストラン、風の穂・麦の香さんの、 きらきら素敵な空間を、僕がジャックします。 こよみカフェ&こよみディナー@風の穂麦の香 カフェタイムとディナータイムに、 『こよみ』を開き運と向き合う、 大人の時間、是非ご一緒に。 ★こよみカフェ
『【告知】こよみカフェ&こよみディナー@風の穂麦の香』の画像

凶時期に決断や実行をすることの、 最大のリスクとは、 次の流れも凶となることです。 ★凶時期の転職は凶時期の就職に繋がる ★凶時期の転居は凶時期の新生活に繋がる ★凶時期の購入は凶時期の使用開始に繋がる というのが、僕にとっての気になる点です。 それに比べ
『凶時期の決断と実行が持つ本当の悪影響』の画像

東洋系と西洋系、 どちらの占術で見ても吉となる、 時期や方位や運勢というものは、 そう簡単にはないはずです。 もしもあったら、それは千載一遇の機会です。 そこに大きな価値を感じます。 けれど。 そういう理想的吉って、 針の穴を通すようなもので、 実際にはと
『吉は欲張り始めると吉じゃなくなってくる』の画像

方位の吉凶鑑定をする際、 西企画では、暦を用います。 暦を用いるとは、より具体的に言うと、 ★当人の九星 ★当年の九気 この2つを確認し、組み合わせ、 吉方位と凶方位を分別していきます。 厳格な方位鑑定をする専門家は、 1.生まれ年で決まる本命星 2.
『本命星と月命星を用いた方位の吉凶鑑定』の画像

お清めって大切。 暮らしの中に自然と取り入れるべき、 必要不可欠な運の習慣として、 多くの方に意識していただきたい営み。 運に対しあまり真面目ではない、 怠け者の僕であって、 お清めに関しては常に意識しています。 オフィシャルでもプライベートでも、 穢れた
『九星学をヒントにした運のお清め』の画像

↑このページのトップヘ