西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2017年10月

運とは、速くなると白くなっていき、 遅くなると黒くなっていきます。 光は速いので白と考えます。 一方、熟成の進んだ食材や、 古い家や、骨董品は、黒くなっていきます。 また、人も、技術が身につき、 経験を積んでくると、 玄人(くろうと)になります。 黒い美
『黒いものには気をつけろ ー運が悪くなると暗黒になるー』の画像

思い通りに成長しない子供や、 効率的に育ってくれない部下の運を、 ★親 ★保護者 ★上司 などの存在が何とかしてあげるのは、 残念ながら不可能とします。 運とは個々に独立しているものなので、 調整可能なのは基本的に、 自分の心・体・魂のみ。 誰にも変えるこ
『他人の運の育て方 ー親や上司や先生にできることー』の画像

★どうしてもせざるを得ないこと ★もうすでにやってしまったこと ★やることが決まっていること そういう揺るがぬ確定事項の吉凶が気になり、 不安になってしまうのは、 典型的な運の乱れを暗示します。 実際のところどうかとは無関係に、 もうすでに停滞の恐れあり
『すでに決まったことの運の吉凶が気になるのは停滞の暗示』の画像

挨拶を返さぬ人がいたとして。 『そっちがそうくるなら』 と、こちらまで非常識になり、 無視をし返すのは、凶です。 なぜならば。 運の悪い相手方の影響を受けて、 こちらの大切な人生を、 相手と似たものにしてしまっているからです。 挨拶をするかどうかの基準
『触らぬバカに祟りなし ー人生に不必要な影響ー』の画像

開運ドリルワークショップ。 略して開運DWS。 2017年10月に3回開催します。 場所は富岡の西企画です。 答えはこよみの中にある 開運DWSとは。 翌年の運勢を先読みし、 人生設計と行動計画を練る2時間です。 『来年、一番大切な時期は何月?』 『そ
『【告知】開運ドリルワークショップ2018@富岡』の画像

他人の挑戦を外から眺め、 失敗した途端に鬼の首でも取ったかのように、 『だから言わんこっちゃない』 『そうなると思ってたわ』 『嫌な予感がしたんだよね』 みたいなことを言う存在は、 だいたい運が悪いです。 悪運のシナリオに、 どっぷりハマってしまっているか
『信じるべき助言 ー運の良い人は先に言い悪い人は後から言うー』の画像

今の仕事が上手くいっていないことの理由を、 『凶方位の就職だったから』 『凶方位への出張が多いから』 『凶方位の異動・出向だったから』 など、方位に求める方がいらっしゃいます。 方位学をかじった程度の素人ならまだしも、 キャリアのある専門家まで、そんなこ
『仕事の成果と方位の吉凶 ー業績は方位だけじゃ決まらないー』の画像

教科書には載っていないけれど、 僕にとってはかなり重要な、 運を判断する材料というのがあります。 それは何かというと。 『あれ、なんかちょっと、気になるな』 と嫌な気配を感じたときは、 その感性を何より優先して吉。 例え理論上、運に問題なかったとしても、
『根拠のない不安とは無視せず信じるべき運の判断材料』の画像

『凶時期に決めた』 『凶方位へ行った』 『住居が凶家相だ』 など、凶を選んだという事実だけでは、 当人の運の良し悪しを、 判断することはできません。 例えば。 時期ならば、自分の意思か、 それとも不可抗力かによって、 見方は変わります。 方位ならば、観光な
『流れにより吉凶を読み解く方法 ー吉を選ぶ人の運が吉とは限らないー』の画像

幸運を求め、吉方位へ出かけるとして。 ★年月日時、完璧に吉でなければならない。 ★せっかく行くのだから、欲張っちゃう。 ★誰が見ても間違いのない計画だけが吉。 など、まるで修行かと見間違うような、 厳しい制約や多くの条件を付け過ぎるのは、 運のためには逆効
『吉方位旅行は修行じゃない ー厳し過ぎる制約や条件は逆効果ー』の画像

↑このページのトップヘ