西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

2017年08月

大切な人生の決断を鑑定する際、 僕は以下の5つを確認します。 ★運を鑑定する際の5つの確認事項 1.必要性や必然性は? 2.当人にとって、良い時期? 3.それは良い方位で行われるもの? 4.そこに到るまでの経緯は? 5.無理・分不相応・過剰がない? ※状況
『運を鑑定する際の5つの確認事項』の画像

幸運を望むなら、 贅沢な吉方位旅行や、 高額なパワーストーンや、 理想の地相・家相よりも、 『良い習慣』 を身につけて吉。 習慣とは、努力目標ではなく、無意識の選択。 息をするようにサラッと選ぶ言動。 自然と体現することができる継続的な営み。 特に頑張
『習慣は仕事運を変え運命をも変える』の画像

五黄殺という大凶方位があります。 一般的な教科書によると、 縁や仕事、健康やお金など、 あらゆる運に腐敗作用を及ぼすらしいです。 僕が用いる方位学の中では、 最もタチの悪い部類に入る、 避けるべき選択肢が五黄殺です。 ところが。 なぜかみんな、五黄殺を選
『凶が持つ魅惑の引力 ーヤバいものは人を招くー』の画像

十分な必要性と必然性があり、 凶方位へ出かけることになった場合。 吉方位で取水した自然水が、 その時点で手元にあるならば、 持参し現地で飲用すると良い、 とご提案しています。 荷物の都合で少量しか持参できない場合、 飲まずに身代わりとして持ち歩くのも有効です
『吉方位のお水を利用した凶方位対策』の画像

2017年という一白水気の年は、 個の力を問われ試される運勢。 そこでは自信の有無が、 吉凶を左右することになります。 自分を信じて吉。 信じられるような言動が吉。 自分を信じられないのは心配。 信じられないような言動に修正が必要。 いずれにしても。 ま
『自信持ち喧嘩せず ー自信のないやつほど出る杭を叩くー』の画像

今年も綺麗なひまわりが咲きました。 ひまわり祭 過去のレポートはこちら。 ★ひまわり2014@丹生湖 ★ひまわり2015@丹生湖 ★ひまわり2016@丹生湖 場所は、丹生湖を見下ろす丘の上。 ひまわり畑周辺には、 トイレや自動販売機がありません。 遠方
『ひまわり2017@丹生湖』の画像

8月は助走期。 しかも、2017年9月という、 最重要期間を目前に控えた、 今年最も大切な助走の月。 けれど。 多くの人がまだ、 6月に頑張った疲れを癒しきれず、 7月の土用の消耗を引きずって、 いわゆる夏バテを起こしているようで。 だから、急激な助走は禁
『2017年8月の運勢 ー息切れ・ガス欠に注意の助走期ー』の画像

暦の上では今日が土用明け。 明けとは最終日という意味。 『もう土用は明けた』 という知らせではないから気をつけて。 より細かなことを言うと。 明日、2017年8月7日(月)の、 16時40分頃に立秋となります。 そこまではまだ、秋じゃない。 明日の
『やっぱりきつかった休息の土用 ー7月を振り返ってー』の画像

もしも吉方位でトラブルが起こったとしたら、 それがどんな種類の不具合・不都合であったとしても、 まず好転反応の可能性を考えます。 その被害の程度が、 軽度(軽症・軽傷)であったならば、 なおさら悪運より厄落としをまず思い浮かべます。 だから僕の場合、たいて
『悪運が出るのが吉方位 ーケチがつくのは偶然の必然ー』の画像

『寝室を1Fから2Fに変える』 『マンションで5Fから3Fに転居する』 『会社の屋上にあるお稲荷様の社を庭に移す』 など、人や物が上下移動する場合。 立体的な方位鑑定は、南と北で見ます。 上層階に上がるのは、南への移動。 下層階に下がるのは、北への移動。
『上下移動の方位鑑定 ー上は南で下は北ー』の画像

↑このページのトップヘ